抜群の歌唱力を誇るAI、おすすめのアルバム収録曲

女性ソロアーティストのなかでも抜群の歌唱力を誇る、AI。確かなスキルと豊かな声量や表現力は、音楽だけを聞くと外国人アーティストが歌っているような錯覚に陥ります。今回は、そんなAIのおすすめのアルバムと収録曲をご紹介します。

(出典:amazonより)

女性ソロアーティストのなかでも抜群の歌唱力を誇る、AI。アメリカ人の祖母を持つクォーターである彼女は、12歳の頃、本場のゴスペルにふれたことで大きな衝撃を受け、音楽の道を志すようになりました。その大胆で力強い歌声を聞くと、確かにゴスペルに影響を受けてきたことがうかがえます。

主にバラードを得意としていますが、R&Bはもちろん、ラップなど幅広いジャンルをこなす確かなスキルと豊かな声量や表現力は、音楽だけを聞くと外国人アーティストが歌っているような錯覚に陥ります。繊細な表現をすることが多い日本人女性アーティストの中で、AIというアーティストは稀有な存在だといえるでしょう。今回は、そんなAIのおすすめのアルバムと収録曲をご紹介します。

AIのおすすめアルバム

My name is AI

2001年にリリースされたAIの1作目のアルバム。現在のポップスに傾倒したスタンスとはちがい、本格的R&Bの曲が多く、ブラックミュージックが好きな人にとってはたまらないのではないでしょうか。ゴスペルをルーツとした、AIらしい珠玉の作品です。

What’s goin’ on A.I.

「BLIEVE」や「未来」など、メロディアスな曲が収録され、R&BやHIP HOPからAIの新たな一面を魅せるきっかけとなった1枚です。圧倒的な歌唱力は健在で、ますますその存在感を示すことになりました。

AI THE BEST

15周年を記念してリリースされたベストアルバムです。現在このアルバムを引っさげた全国ツアー中で、その魅力がこの1枚に凝縮されています。誰もが1度は聞いたことのある曲が多く、加藤ミリヤ、安室奈美恵といったアーティストとのコラボも収録。

AIのおすすめアルバム収録曲

Story

『MIC-A-HOLIC A.I.』に収録されている、AIを代表する名曲です。映画『ベイマックス』にも起用され、AIの名を一躍有名にした出世作ともいえる作品で、その圧倒的な歌唱力を世間に知らしめました。また、日本ジャズ界の重鎮、小曽根真もこの曲をピアノでカバーし、多くのアーティストからも高い評価を得ている曲のひとつです。

believe

『BEST A.I.』に収録されています。CMやドラマなどのタイアップを獲得し、Storyと並びAIを代表する1曲といえます。彼女がもっとも得意とするバラードで、壮大なイメージの曲調と歌声がとてもマッチした曲です。

ハピネス

『INDEPENDENT』に収録されている曲ですが、みなさん一度は耳にしたことがあるはずです。いまや定番となった、コカ・コーラ社の冬季限定キャンペーンソングに流れているあの曲です。「ハピネス」というタイトル通り、どこか暖かく、幸せに満ちたようなイメージがわいてきます。それは、多くのオーディエンスとともにユニゾンで歌うサビに象徴されています。同時にそれは、彼女が大きな影響を受けたゴスペルという音楽そのものです。

おくりびと

2008年、「納棺師」という特殊な職業をテーマとした映画『おくりびと』のテーマに採用された1曲です。アルバム『VIVA A.I.』に収録。この曲の最大の特徴は、久石譲との異色のコラボで、今までのAIというアーティストのイメージを一新したことにあります。極めて伸びのあるAIの歌声に、久石譲という日本を代表する作曲家の世界観がみごとにマッチした、珠玉の作品となっています。

アルバム曲を聴いて、AIのコンサートツアーへ足を運ぼう!

2015年、デビュー10周年を迎えたAI。2016年は自身初の全国ベストツアー「THE BEST TOUR」を敢行中で、今後も活躍が大いに期待されます。ぜひ一度ライブ会場へ足を運び、AIの圧倒的な歌唱力にふれてみてはいかがでしょうか。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

AIのオススメ記事はこちら

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。