2017年はフェアウェル・ツアー開催!米国ハードロック界のヒットメーカー・エアロスミスの軌跡をたどるベストアルバムの収録曲を動画付きで解説!

エアロスミスのベストアルバム収録曲を動画付きで解説!来年にフェアウェル・ツアー開催とその後の解散を発表した米国のハードロックバンド、エアロスミス。今回は、彼らが生み出したヒット曲満載のベストアルバム『Ultimate Aerosmith Hits』の収録曲を動画付きでチェックしてみましょう。

40年以上のキャリアを誇るエアロスミス

1973年にデビューしたエアロスミス。現在のメンバーはスティーヴン・タイラー(Vo)、ジョー・ペリー(Gt)、ブラッド・ウィッドフォード(Gt)、トム・ハミルトン(Ba)、ジョーイ・クレイマー(Dr)の5人。これまでメンバー不仲やスティーヴン脱退の話題も持ち上がり、解散こそしませんでしたが、ドラッグ問題やメンバーチェンジなど紆余曲折の中で40年以上のキャリアを積み上げてきました。

しかし近年になって、再びスティーヴン・タイラーと他のメンバー間でバンド継続についての考え方に相違が生じます。そして2016年11月14日、正式にフェアウェル・ツアーの開催とバンド解散が発表されたのです。

今回は、エアロスミスの軌跡をたどるベストアルバム『Ultimate Aerosmith Hits』の収録曲を動画付きで解説します!

数々の名曲が詰め込まれた『Ultimate Aerosmith Hits』

Ultimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツをAmazonでチェック!

何枚かリリースされているエアロスミスのベストアルバムの中でも『Ultimate Aerosmith Hits』はファンにも好評。キャリアが長いバンドなので当然1枚で網羅しようなどというのは無謀な話ですが、このアルバムの収録曲は重要なポイントをしっかり押さえたラインナップとなっています。まずは一覧でご紹介しましょう。

アルバムは2枚組で全30曲を収録

※原盤のリストです。日本盤は追加トラックがあります。

ディスク1

1. Mama Kin
2. Dream On
3. Same Old Song And Dance
4. Seasons Of Wither
5. Walk This Way
6. Big Ten Inch Record
7. Sweet Emotion
8. Last Child
9. Back In The Saddle
10. Draw The Line (Remix)
11. Dude (Looks Like A Lady)
12. Angel
13. Rag Doll
14. Janie’s Got A Gun
15. Love In An Elevator
16. What It Takes

ディスク2

1. The Other Side
2. Livin’ On The Edge
3. Cryin’
4. Amazing
5. Dueces Are Wild
6. Crazy
7. Falling In Love (Is Hard On The Knees)
8. Pink (South Beach Mix)
9. I Don’t Want To Miss A Thing
10. Jaded
11. Just Push Play (Radio Remix)
12. Walk This Way (w/ Run-D.M.C.)
13. Girls Of Summer
14. Lay It Down

バンドの変遷がわかる年代順

『Ultimate Aerosmith Hits』の収録曲はデビュー期から順番に入っているのでこれまでの流れもわかりやすく、マニアックなファンにもエアロスミス初心者にもおすすめです。

続いては、主な収録曲をピックアップし動画付きで解説していきます。

エアロスミスのベストアルバム収録曲・動画付き解説①1973年〜1989年

1970年代の曲

初期の代表曲といったら1973年のデビューアルバム『野獣誕生』に収録の「Mama Kin」!当時スティーヴンのお気に入りだったという1曲です。

スケールの大きな楽曲「Dream On」はデビュー当時唯一のヒットとなりました。

独特なギターリフとラップ・ヴォーカルは忘れられない!カヴァーするアーティストも多い名曲「Walk This Way」は1974年の曲です。

「Sweet Emotion」はベースのリフがちょっと印象的。

1975年の発表以降、ライヴのオープニング曲としてよく演奏される「Back In The Saddle」!

1980年代の曲

1987年の曲「Angel」は全米チャート3位にランクインの大ヒット!日本では2005年にフジテレビ系ドラマ『エンジン』で使われていましたね。

バンド初のグラミー賞受賞曲「Janie’s Got A Gun」は1989年の曲。児童虐待や銃社会をテーマにした歌詞となっています。

エアロスミスのベストアルバム収録曲・動画付き解説②1990年以降

1990年以降の曲

数々のヒットを飛ばし、次第に洗練されてきた1993年頃の曲「Cryin’」です。このときのアルバム『GET A GRIP』には他にも「Livin’ On The Edge」「Crazy」をはじめ、たくさんのヒット曲が収録されています。

「Pink」は1997年の曲。グラミー賞の最優秀パフォーマンス部門を受賞しています。韻を踏む歌詞がおもしろいですね。

エアロスミスといえばこの曲!という人も多いはず。1998年、映画『アルマゲドン』の主題歌として大ヒットした「I Don’t Want To Miss A Thing」です。

2001年のヒット曲「Jaded」。日本ではコカ・コーラのキャンペーンソングとして使われたことがあります。

エアロスミスのその他おすすめ記事

エアロスミスを改めて聴いてみよう!

aerosmith-best-album

(出典:photoACより)

ベストアルバム『Ultimate Aerosmith Hits』の収録曲を動画付きで解説しました。2017年はバンドとしてのフェアウェル・ツアーの開催が予定されているので、これまでの名曲を振り返ってみるいい機会です。ぜひベストアルバムを聴いてみてくださいね。また、2017年4月にはスティーヴン・タイラーの初となるソロ来日公演もあります。そちらも楽しみですね!人気のエアロスミスのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。