ACIDMANのライブで頻出する定番曲を徹底研究!

ACIDMANといえば、その本領を発揮するのはライブ。たった3ピースという最小編成で驚くほど分厚い音を奏でてくれるのが特徴。

そして決して観客におもねることなく、自らの意識で淡々とライブを進行していく、そのストイックな楽曲主義も、ロックファンなら頷いてしまう世界観だ。

今回はそんなACIDMANのライブでよく演奏される人気の定番曲をコレクションしてみた

この曲を聞きたいがためだけにも足を運ばれる不朽の名曲チューン

フォークギターのような大雑把なストロークのバッキングに、どこまでも深い内省的な歌詞と美メロが調和した、良い意味でファンのトラウマになっている曲と言ったら、やはりこれは外せない。

「赤燈」


(出典:YouTube)

静と動のコントラストを楽しむのがACIDMANの醍醐味

まっすぐな思いを静けさMAXでスタートさせてサビで大爆発させ、再び静けさに戻るというACIDMANスタイルが実に心地よい名曲

どの曲もそうだけど、手拍子とか入れたくないほど聴き入りたい曲なんだよね。

「ALMA 」


(出典:YouTube)

一方こちらは精一杯拳を振り上げてメンバーの熱情に応えたいスピードチューン。ひときわ人気の高い曲でサビの爆発力はすさまじいの一言。

汗びっしょりになりながら感動を得られる定番中の定番。

「ある証明」(ライブ)


(出典:YouTube)

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。