ギター&コーラス滝 善充―9mm Parabellum Bulletの音楽性の象徴

「ダサかっこいい」「昭和っぽい」、そう言われることの多い、9mm Parabellum Bullet

9mm Parabellum Bulletの音楽がそう指摘されるのは、歌詞などにも理由はあるのだが、それ以上に、その曲そのものにも理由があるでしょう。彼らの音楽は、ロックの体裁を保ちつつも、歌謡曲にまで影響を受けていると言われています。

そして何より、あらゆるジャンルの音楽が氾濫する時代に、ギターを弾き尽くす、その音楽とライブ。9mm Parabellum Bulletの「ダサかっこよさ」は、滝 善充のギターと彼の作曲する曲にあると言ってもよいでしょう。

9mm Parabellum Bullet
(出典:9mm Parabellum Bullet official site)

滝 善充のギター

9mm Parabellum Bullet 滝 善充
(出典:jpopasia)

9mm Parabellum Bulletを語る上で、滝 善充を避けて通ることはできず、彼を語る上で、彼のギター演奏について語らないわけにはいきません。

滝 善充は、速弾きやタッピングなど、超テクニシャンであり、その自由なライブパフォーマンスとも相まって、「ギターの妖精」とも言われる人物です。

曲の中で見せる、これでもかというギターソロは正に圧巻です。

滝 善充の作曲

滝 善充は、9mm Parabellum Bulletの中で、ギター&コーラスを担当し大半の曲を作曲

ギター以外にもピアノ、キーボード、ドラムス、ベースなどの演奏が可能で、絶対音感を持っていると言われます。9mm Parabellum Bulletらしさとは、彼の音楽のことを言っても過言ではないでしょう。

彼らの音楽を評する言葉である「ダサかっこいい」リズム。時として、日本的なだささとされる和のリズムをギターで弾ききることで、新しい音楽へと変貌させているのです。

滝 善充という人

9mm Parabellum Bullet 滝 善充2
(出典:okmusic)

9mm Parabellum Bulletの特徴としてあるのが、そのライブパフォーマンスと言われています。

彼らの演奏が特に激しい部分は、「カオス」と呼ばれ、その際は、全員が滅茶苦茶に演奏するのが通例になっています。滝 善充もそれを裏付けるように、ライブパフォーマンスは、実に奔放。

ありえない姿勢でギターを弾いたり、高揚するとギターを弾かずに縦横無尽にステージ上を暴れ回ったり、することもしばしばです。
こういったパフォーマンス含め、9mm Parabellum Bulletの音楽になるのでしょう。

9mm Parabellum Bulletの他のオススメ記事

9mm Parabellum Bulletのライブなら、チケットキャンプ

9mm Parabellum Bullet2
(出典:jpopasia)

もしも皆さんが彼らにご関心を持たれ、9mm Parabellum Bulletのチケットをお求めになりたいなら、チケットキャンプをご利用になるのもよろしいのではないでしょうか。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。