個性的プレイスタイルに謎の叫び!ベース中村和彦の存在が9mm Parabellum Bulletを際立たせる

9mm Parabellum Bulletのメンバーは、みんな個性的ですよね。ボーカルの菅原卓郎さんがアフロヘアーなのに、違和感なく見えるのも個性的なメンバーのおかげだと思います。

そのメンバーの中で、今回はベースの中村和彦についての特徴を見ていきたいと思います。ファンもだんだん増えてきていて人気も高まっています。

中村和彦の個性的なベースフォーム


(出典:youtube)

ベーシストのフォームは人によってさまざまですが、初心者の私が見ても、中村さんって個性的だなと分かります。

後ろへの反りやジャンプなど独特な演奏の仕方が映像からみてとれますね。

特徴的だけど、かっこいいなと思いますね。生で見てみたいものです。

中村和彦のプレイスタイルの次に気になるのは

中村さんはベースを指で弾いているのか、ピックで弾いているのか。あんな激しい動きやプレイフォームで、ギターのサウンドを奏でている中村さん。

弾き方に何か工夫しているのか映像など見て調べてみました。結果、指もピックも両方使ってました。曲ごとに選んでいるみたいで、彼の音楽に対するこだわりを感じますね。

どちらか一方ではなく、柔軟に対応できるなんてすごい。

中村和彦のライブの時や、曲の合間に入る謎のシャウト


(出典:youtube)

9mm Parabellum Bullet – Supernovaの映像の途中でも入っていましたが、曲を聴いていると独特の叫び声が聞こえますよね。

最初聞いたときは、何となくボーカルの菅原卓郎さんかと思ってたんですが、正体は中村さんだったんですね。地声にエフェクターをかけてこんな特徴的な声をだしているとか。

ライブでは、地名などを入れてシャウトしてることもあります。

9mm Parabellum Bulletのおすすめ記事はこちら!

9mm Parabellum Bulletのライブに行こう!

いかがでしたでしょうか、細かな部分に音楽に対する中村さんのこだわりを感じますね。そのこだわりこそ、9mm Parabellum Bulletが多くのロックバンドの中でも際立つ要素のひとつとなっています。これから目が離せないバンドと言っても過言ではありません。

そんな他のバンドにはない魅力がある9mm Parabellum Bullet、是非ライブに足を運んでみたいですね!チケットキャンプでは9mm Parabellum Bulletのチケットを取り扱い中です。9mm Parabellum Bulletのライブ映像と中村さんの個性をぜひ見てみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。