9mm Parabellum Bullet 各メンバーの魅力をプロフィールと一緒にご紹介♪

9mm Parabellum Bulletは、2004年に結成されたオルタナティブ・ロックバンドです。

2007年に初のワンマンライブを行い、メジャーデビューを果たしました。UKロックやロカビリーなどをとりいれ、一度聴いたら忘れられない癖のあるボーカルと激しく情緒的なサウンドを鳴らす9mm Parabellum Bullet。

今回は、9mm Parabellum Bulletの各メンバーのプロフィールを、ライブでの魅力をふまえつつ紹介していきます。

癖のある歌声を持つ9mm Parabellum Bulletのボーカリスト

ギターボーカル・作詞担当の菅原卓郎(すがわら たくろう)は、山形県出身の1983年7月19日生まれ。

メインの使用機材は、オリジナルモデルのESP Bricoleur3本で、アンプはマーシャルを使用しています。

かみじょうちひろに声質が好きと言われてバンドに誘われ9mmに加入し、今や菅原卓郎の癖のある声はバンドには欠かせない存在となっています。

菅原卓郎の声だからこそ9mm Parabellum Bulletの楽曲は深みのあるものになっていますね。

ギターの妖精と呼ばれる9mm Parabellum Bulletのギタリスト

ギターコーラス・作曲担当の滝善充(たき よしみつ)は、茨城県出身の1983年5月9日生まれ。

使用機材はESPのSNAPPERや、本人モデルのESP SUFFERで、レコーディングでは複数の機材を使用しています。エフェクターやシールドをつくるのが趣味で、ライブでも自作のエフェクターを多数使用しています。

ライブ中のパフォーマンスが激しいことでも知られており、ギターを弾かずに踊っていることもあります。あまりにも楽しそうにギターを弾くことから、ギターの妖精と呼ばれることも。

ライブ動画を観ているだけで滝善充のギターの技術やパフォーマンスのすごさが伝わってきますよね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。