やはり、世界のOZAWA!小澤征爾、グラミー賞受賞を振り返る

世界のオザワこと、指揮者の小澤征爾さんが、世界最高峰の音楽の祭典「グラミー賞」を受賞しました。80歳、8度目のノミネートで初受賞です。2013年、病気療養から本格的に復帰した長野県松本市での公演、ラヴェルの歌劇「こどもと魔法」が収録されたCDアルバムが受賞作品です。受賞がわかり、日本中でも祝福の声が広がり、小澤さんのCDも売れています。ここでは受賞作品の詳細や公演当日、公演リハーサルの様子の動画などを紹介します。

小澤征爾 グラミー賞 1
(出典:Twitter)

現地2016/2/15(月)、「第58回グラミー賞」の授賞式が行われ、指揮者の小澤征爾さんが最優秀オペラ・レコーディングを受賞しました。

グラミー賞は、世界最高峰の音楽の祭典。80歳の小澤さん、グラミー賞受賞は「初」です。

小澤さんは、2015年、骨折により舞台を降板しましたが、最近もテレビで元気な姿を見せていました。2/2(火)、テレビ朝日系「徹子の部屋」では息子で俳優の小澤征悦さんとレアな2ショット共演をしたばかり。日本でも小澤さんのグラミー賞受賞を祝い、小澤さんが指揮するCDが売れています。

小澤征爾がグラミー賞を受賞した作品とは

ラヴェル:歌劇「こどもと魔法」をAmazonでチェック!

小澤征爾さん、グラミー賞のノミネートは1960年代から数えて8回目となりました。受賞まで長かったですね。

受賞した作品は、2013年8月、長野県松本市で録音されたラヴェルの歌劇「こどもと魔法」が収録されたCDアルバムです。2012年に病気により公演活動を停止、本作品は本格的な復帰作でした。演奏はサイトウ・キネン・オーケストラ。「サイトウ」とは、小澤さんの恩師である斎藤秀雄さんのことです。

小澤さんは、日本で録音された音源がグラミー賞にノミネートされたのが初めてでした。つまり、サイトウ・キネン・オーケストラは初ノミネートでの受賞になりました。

▶︎ラヴェル:歌劇「こどもと魔法」をAmazonでチェック!

小澤征爾、グラミー賞受賞作品「こどもと魔法」演奏の動画!

小澤征爾さんがグラミー賞を受賞した作品「こどもと魔法」の演奏の様子は、共同ニュースのYoutube動画でも少し見ることができます。

2013年8月に長野県松本市で開催された「サイトウ・キ­ネン・フェスティバル(SKF)松本」でのリハーサルの様子と本番の様子です。当時小澤さんは77歳です。短い動画ながらも緊張感が伝わってきます。世界のオザワ、健在!

興味を持たれた方は、CDなど音源で全編聴いてみてはいかがでしょうか。

小澤征爾さんグラミー賞受賞、日本での反応

小澤征爾 グラミー賞 2
(出典:Twitter)

小澤征爾さんがグラミー賞を受賞、日本中で祝福の声があがりました。

CDショップでも「入荷しています」のツイートが続々と。中には売れてしまって「品切れ」になっているお店も。お急ぎの方は、輸入盤も視野に入れてみては。

テレビでは若いころの秘蔵映像も流れていました。「若い頃のお姿は、オザケンに似ているかも」という視聴者の反応もありました。オザケンとは小澤さんの甥、小沢健二さんです。

これを機に、ファンではない層まで小澤さんの音楽が広まりそうですね。小澤さん、グラミー賞受賞、おめでとうございます!

小澤征爾 グラミー賞 3
(出典:Twitter)

小澤征爾の他のオススメ記事

グラミー賞受賞の小澤征爾さんのステージ、見たい!

小澤征爾 グラミー賞 4
(出典:Twitter)

チケットキャンプ(チケキャン)では小澤征爾のチケットを取扱中です。「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」は2015年から「セイジ・オザワ 松本フェスティバル(OMF)」と名称変更されています。2016年の開催も盛り上がりそうですね。

ライブフリーク編集部 イチ押し公演!

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIV J.シュトラウスII世 喜歌劇 こうもり全3幕

アプリなら手数料半額&プッシュ通知が届く「ライブ・コンサート定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。