規模がすご過ぎる!ファンも驚愕のアイアンメイデンの大物エピソードをご紹介

累計9,000万枚以上のアルバムセールスを誇り、ロック史を塗り替えたとも言われている、メタル界のレジェンド、アイアンメイデン。彼らがいなければメタルは存在しなかったと言われるほど、世界のロックファンからも伝説だと言われているアイアンメイデン。その大物ぶりはすごいですが、実は彼らの持つエピソードもファンが驚愕するほどの大物ならではの規模なのです。今回は、ファンも驚くアイアンメイデンの大物エピソードをご紹介します。

累計9,000万枚以上のアルバムセールスを誇り、ロック史を塗り替えたとも言われている、メタル界のレジェンド、アイアンメイデン

彼らがいなければメタルは存在しなかったと言われるほど、世界のロックファンからも伝説だと言われているアイアンメイデン。その大物ぶりはすごいですが、実は彼らの持つエピソードもファンが驚愕するほどの大物ならではの規模なのです。

今回は、ファンも驚くアイアンメイデンの大物エピソードをご紹介します。

あのスティーヴ・ハリスが開発!アイアンメイデンを聴くためのヘッドフォン&アプリが発売!

累計9,000万枚以上を誇り、まさにヘビーメタルのパイオニアとも呼ばれているアイアンメイデン。

アイアンメイデンがいなかったらメタルは存在しなかったと言われるほど、これまでのロック史を塗り替えたとも言われているアイアンメイデンですが、やはりレジェンドとも呼ばれるバンドだけあり、大物ならではのエピソードがたくさん存在しています。

日本でも圧倒的な人気を誇るアイアンメイデンですが、オンキヨー&パイオニアイノベーションズが共同開発して、アイアンメイデンとのコラボレーションヘッドフォン「ED‐PH0N3S」を発売しました。

このヘッドフォン、アイアンメイデンのベーシスト、スティーヴ・ハリスが商品開発に携わっている、まさにアイアンメイデンのサウンドを聴くために作られたようなヘッドフォンと言われています。

妥協を許さないスティーヴ・ハリスを納得させた最高のヘッドフォンとは?

しかし、スティーヴ・ハリスと言えば、妥協を許さない完璧人間として有名です。

自分が納得するまで絶対にOKを出さないことで有名なスティーヴは、レコーディングや曲作りでもそんな性格のおかげでメンバーと衝突してしまうこともあるほど。そんなスティーヴの、過大な要求にオンキヨーは答えられるのか?と、音楽評論家たちの間でも注目を集めたというヘッドフォン。

商品発表会では、スティーヴからのビデオレターが届き、ヘッドフォンの音の美しさなど、まさに自分が望んでいたものが出来上がったことに大変喜び、一緒に開発に関わったスタッフたちにもお礼の言葉を贈ったスティーヴ。

ニューアルバム「The Book of Souls」もこのヘッドフォンを使ってミキシングを行ったのだそうです。まさにアイアンメイデンのサウンドがダイレクトに伝わるヘッドフォンで、早速アイアンメイデンの曲を楽しんでいるファンも多いようですね。

アイアンメイデンの曲を聴くための専用アプリも登場

また、ヘッドフォンの発売と同時に登場した「Maiden Audio App」。

アイアンメイデンの全メンバーがそれぞれの求めている音に設定したカスタムEQが搭載されているこのアプリは、各メンバーから聞こえるアイアンメイデン サウンドを体感できる、まさにファンにとっては夢のようなアプリです。

ヘッドフォンとアプリを使って、最高のアイアンメイデンサウンドを体験できる、これもレジェンドと呼ばれるアイアンメイデンからファンへのプレゼントですね。

アイアンメイデンのブルース・ディッキンソンがライブ中に携帯を触っていたファンを一喝!

アイアンメイデンのフロントマンとして、力強くハードなボーカルでファンを魅了する、ボーカリストのブルース・ディッキンソン。

普段はジェントルマンとして知られるブルースは、昨年がん性の腫瘍があることを発表しましたが、がんを克服し、見事ステージに返り咲き、ファンを喜ばせました。

実は以前、フランスでガンズ・アンド・ローゼズと共演した際に、フランス語でアイアンメイデンのファンから話しかけられたことに腹を立てたアクセルローズに対して激怒したことがあったブルース。

殴っておけばよかったが、どうして殴らなかったのか今さら後悔していると漏らしたブルースですが、ファンへの愛情もジェントルマンのブルースならではですね。

そんなブルースですが、アメリカでのライブ中に、携帯を触っていたファンに対して「おい、もういい加減にしろよ、そこのハゲの白いシャツ!おまえもうここ3曲ずっとメール書いてんじゃねえか!」と一喝したというエピソードを持っています

ファンを愛するからこそ、ライブ中に携帯を触るファンを見ていてもたっても居られなかったブルース。彼の真面目でファン思いの気持ちが思わずそうさせてしまった、ファンも思わずクスっとしてしまうエピソードですね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。