DAIGOが語る氷室京介のプライベート情報が面白い

LAST GIGSでライブ活動の引退が予定されている氷室京介。ビバリーヒルズの豪邸に住んでいるなど、セレブらしいエピソードが報じられていますが、本人がプライベートを語ることは滅多にありません。しかし、親交が深いDAIGOからは、ヒムロックの天然ぶりや面白エピソードを聞くことができます。ヒムロックとDAIGOが出会ったのは2003年にさかのぼります。豪邸訪問や返信メールのエピソードをご紹介します。

KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY-NAKED- FINAL DESTINATION DAY-01(DVD+2CD)(ポスターなし)をAmazonでチェック!

第一線のロックスターたちから「カリスマ」と慕われている、ヒムロックこと氷室京介

ヒムロックが歌う姿は多くの音源や映像で残っていますが、本人がプライベートについては多くを語らないため、謎が多い人物かもしれません。

しかし、BREAKERZのボーカル・DAIGOは、テレビ番組や記者会見などでヒムロックの素顔をたびたび語っています。1月に女優・北川景子と結婚したDAIGOですが、氷室京介を慕いプライベートでも交流がある仲です。ここでは、DAIGOが話した氷室京介の興味深いプライベート秘話をいくつかご紹介します。

▶︎ KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY-NAKED- FINAL DESTINATION DAY-01(DVD+2CD)(ポスターなし)をAmazonでチェック!

そもそも氷室京介とDAIGOの仲とは?

DAIGOも氷室京介をきっかけにロックを始めたファンの一人でした。

氷室京介とDAIGOの仲を取り持ったのは、BOØWY時代からの氷室をはじめ、多くのスターのアー写を撮り続けてきたカリスマカメラマン・加藤正憲さんでした。加藤さんは、当時インディーズで活動していたDAIGOも撮影していました。

2003年、氷室との初対面でポスターを持参したDAIGO。氷室はDAIGOに「いちいち、かっこいいよね」「力になりたい」とベタ褒めでした。その後、氷室はDAIGO☆STARDUST名義でのデビュー曲「MARIA」を作曲しました。

氷室京介のLA豪邸に行ったDAIGO

氷室京介といえば、アメリカ・ロサンゼルスのビバリーヒルズにある豪邸に住んでいることでも知られています。NBAのスター選手だったシャックことシャキール・オニールが移籍を機に売却した家で、氷室は2004年に7億円程度で購入しました。

2009年、写真集の撮影でLAに訪れたDAIGOは、氷室一家が住む家を訪れました。すき焼きをご馳走になったときのこと。氷室はアメリカンチェリーの食べ方がわからず、皮をむき始めてしまいました。氷室が「バラエティ番組でDAIGO君に言われちゃうな」とぼやいていた通り、DAIGOは2010年、「ライオンのごきげんよう」でバラしてしまいました。

ちなみに現地では、氷室は2014年頃にシャックから買った豪邸を12億円で売却し、別の豪邸に引っ越したと報じられました。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。