あの問題の楽曲がドラマの主題歌に!?銀杏boyzとドラマ「裏切りの街」の主題歌をチェック!

その音楽的実力と、社会問題に関する積極的な姿勢とは裏腹に、過去に様々な問題を起こしていて様々な意味で注目を浴び続けているバンド、銀杏boyz。このほど、彼らが2010年にリリースしたある楽曲が寺島しのぶの主演ドラマ「裏切りの街」の主題歌として起用されることが分かりました。今回は、そんなドラマ「裏切りの街」の詳細と、問題の銀杏boyzによる主題歌について、より詳しく見ていきたいと思います。

その音楽的実力と、社会問題に関する積極的な姿勢とは裏腹に、過去に様々な問題を起こしていて様々な意味で注目を浴び続けているバンド、銀杏boyz

このほど、彼らが2010年にリリースしたある楽曲が寺島しのぶの主演ドラマ「裏切りの街」の主題歌として起用されることが分かりました。楽曲名がすでに大問題のこの楽曲ですが、ドラマに関してもなかなかの問題作となっているようですね。

今回は、そんなドラマ「裏切りの街」の詳細と、問題の銀杏boyzによる主題歌について、より詳しく見ていきたいと思います。

銀杏boyzの楽曲からインスパイアされた「裏切りの街」とは?

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命をAmazonでチェック!

今回ドラマ化された「裏切りの街」は、劇作家の三浦大輔によるオリジナル舞台が原作となっているものになります。「裏切りの街」は、今回起用された銀杏boyzの主題歌に多大なるインスパイアを受けている作品であり、三浦氏自身「この楽曲がなければ「裏切りの街」が生まれることはなかった」とまで述べています。

楽曲および舞台自体は2010年に発表および上演されており、5年以上にわたって再演も行われてきた大変評価の高い舞台となっています。今回の映像化は、長らく待たれていた待望のものだったと言えるでしょう。

▶︎君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命をAmazonでチェック!

銀杏boyz楽曲提供「裏切りの街」は一体どんなストーリーなの?

「裏切りの街」は、現代に生きる平凡な主婦と15歳年下のフリーターとの禁断の愛を描いた、まさに衝撃の問題作と言えるストーリーになっています。

寺島しのぶ演ずる智子は、平凡な日常に対して窮屈な感情を抱いている主婦。一方の池松壮亮演ずる裕一は、同棲中の彼女が居る無気力なフリーター。両者ともに退屈で終わりのない日常を抱えていた二人は、ある日出会い系サイトを通じて巡り合います。

禁断の愛に溺れる二人ですが、やがて日常が二人の愛を切り裂き始めます。心のすき間を埋めたかっただけのはずの二人の過ちは、やがて崩壊へと突き進んでいくことになり……。

普遍的なテーマだからこそ心に突き刺さる、二人の禁じられた愛の物語ですね。寺島しのぶの体当たりの演技にも注目です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。