amazarashi秋田ひろむが、ゲームが大好きすぎる件

心の底にある感情を鋭くえぐるような作風で、一般人のみならず業界人からも一目置かれる存在のamazarashi。ほぼメディア露出やPRがないにも関わらず、その才能は広く知れ渡っています。基本的に素性は謎に包まれていますが、amazarashiボーカル・秋田ひろむ氏はゲームが大好きなことを明言しており、過去にはwebで連載を持っていました。今回は秋田ひろむのゲームにかける情熱のエピソードを紹介します。

心に突き刺さる作品でファンを増やしながらも、素顔は謎に包まれているamazarashi

しかし、ボーカルの秋田ひろむ氏はゲームが大好きなことを明かしています。その情熱は半端ではありませんでした。

amazarashi秋田ひろむはレアなゲームボーイミクロを愛用し続けている

現在は生産終了しているゲームボーイミクロ。街中で使っている人はまず見かけません。 持っているという方がいたらなかなかのゲーム好きと言えます。

それもそのはず、日本におけるゲームボーイミクロの売り上げ数は61万台。初代ゲームボーイは日本だけでも3,247万台の売り上げがあったことを考えると、その希少性がお分かり頂けるかと思います。

秋田ひろむはそんなゲームボーイミクロを愛用しています。見た目のかわいらしさはもちろん、ドットが詰まった色鮮やかで小さな画面もお気に入りとのこと。中古屋さんには名作ソフトが安い値段で山積みになっているので、それを探すのもひそかな楽しみと語っています。ちなみに秋田ひろむのオススメは「FFV」「MOTHER1+2」です。中古屋さんに行ってみたくなりますね!

amazarashi秋田ひろむに降りかかったドラクエの悲劇

秋田ひろむはドラクエXで眠くなるまでレベル上げを繰り返し、その余韻に浸ったまま眠っていたそうです。ここまでくると立派なゲーム中毒と言えるでしょう。秋田ひろむ自身はamazarashiで生計を立てていますが、それと同じくらい情熱を注いでいるものがゲームなのです。

しかし、情熱のゲーマー秋田ひろむにも悲劇が起こります。DVD制作を終えて久しぶりにオンラインに入りました。するとエラーの表示。嫌な予感がしつつも指示通りパスワードを変更して再ログインしてみると、装備がなく丸裸になった自身のキャラクターが!

なんと、ログインしていなかった間にアカウントハックをされ、装備も貯金もレアアイテムも根こそぎ盗まれてしまったのです。さすがにもうドラクエをやめようと思ったそう。秋田ひろむ曰く、世界を救えなかったことが唯一の心残りとのこと。ゲーマーにとっては身の毛もよだつ話です。みなさんもお気を付けください……。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。