永遠の若大将、加山雄三の今も衰えぬ3つの魅力に迫る

黒々した髪、つやのある肌、貫禄のある立ち姿がトレードマークの加山雄三。現在78歳ですが、不老不死の薬を飲んだかと錯覚するほど昔とまったく変わらない姿をしています。そんな加山雄三、ルックスだけでなく行動力も非常に若々しくエネルギッシュ。好きなものはゲームですが、本気で励んでおり、その実力はかなりのものです。溢れる音楽の才能で若いころから名前を馳せていましたが、76歳にして年下のミュージシャンたちとバンドまで結成してしまいます。「気持ちが若ければ年を取らない」を実証した存在が加山雄三です。

ダンディーなルックスと甘い歌声でいつまでもファンを魅了し続ける加山雄三

2016年で79歳ですがとても若々しく、若大将というニックネームにも違和感がありません。

まるで時が止まっているかのようにカッコいい加山雄三の魅力をズームアップしてみました。

エレキの若大将は日本の元祖シンガーソングライターだった!

ギターを持っている印象の強い加山雄三ですが、なんとピアノも弾けます。エルヴィス・プレスリーやザ・ベンチャーズ、ビートルズの影響を受けており、日本で初めて多重録音を行ったミュージシャンでもあります。ビートルズとは来日公演の際に会食も実現しています!

そんな若大将、「弾厚作」名義で作曲もこなしています。24時間テレビでおなじみの名曲「サライ」は谷村新司との共作です。

出身地である茅ヶ崎市の東海岸小学校に依頼をされた際も、快く校歌を提供したそうです。海が似合う男の代名詞でもある加山雄三、地元愛にも溢れていますね。

若大将こと加山雄三は趣味も若々しく、ゲームがお好き

若大将こと加山雄三のゲーム歴はかなり長く、テレビゲームとして普及したファミコンが発売される1983年よりも前からアーケードゲームが大好きだったようです。お子さんが子どもの頃は奥さんに注意されても「反射神経の勉強だ」と言い返してゲームを続けていました。

通常、ゲームといえば暇なときに楽しむ方が多いのですが、加山雄三はしっかり時間を取ってゲームを楽しんでいます。ゲームは自分で物語を作るので、時間をかけて真正面から取り組みたいという考えの持ち主だからです。

時には深夜3~4時まで熱中することもあるようですが、それが「ゲーマー加山」のポリシーとのこと。もちろんPS4も購入済みです。

加山雄三は76歳にしてバンド「THE King ALL STARS」を結成!

「ARABAKI ROCK ROCK FEST.2013」に出演したことがきっかけで結成された「THE King ALL STARS」。そのメンバーは、

  • キヨサク(上江洌清作)(MONGOL800)
  • 佐藤タイジ(シアターブルック)
  • 名越由貴夫(Co/SS/gZ)
  • 古市コータロー(THE COLLECTORS)
  • ウエノコウジ(the HIATUS)
  • 武藤昭平(勝手にしやがれ)
  • 高野勲、山本健太、タブゾンビ(SOIL&””PIMP””SESSIONS)
  • スチャダラパー

という豪華ぶりです。

デビュー曲の「未来の水平線」は加山雄三のルーツとなっている海や船がモチーフとなっています。渋くてかっこいい歌詞は佐藤タイジ作ですが、加山雄三から若者に対する愛のメッセージにも思えます。

曲調はこれまた若々しくガレージロック!メンバーとは一回りも二回りも年が離れていますが、音楽に対する熱い思いは世代を超えて共通していて、リスペクトされているのでしょう。喜寿とはとても思えないパワフルな行動力、ぜひ見習いたいですね。

加山雄三の他のオススメ記事

加山雄三の信じられない若々しさをこの目で目撃しよう

デビュー時と変わらずエネルギッシュな加山雄三、愛され続ける理由にも納得です。チケットキャンプでは加山雄三のコンサートチケットもお取り扱いしております。貫禄のある素敵な立ち姿は必見ですよ!

ライブフリーク編集部 イチ押し公演!

加山雄三 ザ・ワイルドワンズ コンサート

アプリなら手数料半額&プッシュ通知が届く「ライブ・コンサート定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。