ディープパープルが来日公演を敢行!伝説的名曲をおさらい!

先ごろ「ロックの殿堂入り」をすることも発表された伝説的バンド、ディープパープルが、18年ぶりの来日となった2014年の来日公演に続き、2016年5月からは全国7都市を周るジャパンツアーを敢行することが決定しています。今回はそんなディープパープルの来日公演を前に、彼らの珠玉の名曲たちを3曲厳選して今一度おさらいし、Youtubeのライブ動画を見てカッコよさを再度確かめておきましょう。

先ごろ「ロックの殿堂入り」をすることも発表された伝説的バンド、ディープパープル。ハードロックという概念を作り出したバンドといっても過言ではない彼らの功績は、語っても語りつくせない部分がありますね。

1968年より活動を開始したディープパープルは、途中何度かの解散や活動休止を乗り越えながら、半世紀近くにわたって世界中のハードロックシーン、いやミュージックシーン全体を盛り上げ続けています。そんなディープパープルが、18年ぶりの来日となった2014年の来日公演に続き、2016年5月からは全国7都市を周るジャパンツアーを敢行することが決定しています。2年前の日本武道館公演は伝説のステージと言われており、それが早くも再現されることにワクワクしているファンの方も多いことでしょう。

今回はそんなディープパープルの来日公演を前に、彼らの珠玉の名曲たちを3曲厳選して今一度おさらいし、Youtubeのライブ動画を見てカッコよさを再度確かめておきましょう。生で聞けるのを楽しみに、ぜひとも予習をしておきましょうね。

ディープパープルの伝説的楽曲:ハードロックの代名詞でもある名曲!「Highway Star」

ライヴ・イン・ジャパン DELUXE EDITIONをAmazonでチェック!

▶︎ライヴ・イン・ジャパン DELUXE EDITIONをAmazonでチェック!

ディープパープルの名曲、1曲目は「Highway Star」です。1972年に発売されたこの楽曲は、間違いなくディープパープルの一番の代表曲だと言えるでしょう。誰もが聞いたことがあるであろうメロディラインとリフは、時を経ても全く色あせることがないのが素晴らしいと言えますね。ライブではギターソロ部分が即興で行われ、よりハイテンポで進むのもおなじみです。

ただ聞いているだけでは全く分かりませんが、実はこの楽曲には、バッハなどのクラシック音楽からの影響が随所に挿入されているのも特徴となっています。特に中盤ではバッハの使用したコード進行が反映されており、この楽曲をより味わい深いものとしています。ディープパープルも「バッハの旋律を夜に聞いたせい」で、影響を色濃く受けたのかもしれませんね。

ディープパープルの伝説的楽曲:こちらも間違いなく代表曲!「brun」

ディープパープルの名曲、2曲目は「burn」です。あの超有名なギターリフで知られるこの楽曲もまた、ディープパープルを代表する楽曲のひとつであり、今日までのマスターピースとして君臨し続けている1曲だと言えますね。

ギターソロが有名になりすぎているためにCDでは分かりませんが、ライブではギターよりもむしろイアン・ペイスによるセットを破壊しかねないほどのド派手なドラムスが目立つ楽曲となっています。イアン・ペイスの豪快なドラム、轟音のギターリフ、そしてイアン・ギランのハイトーン・ロートーンを自在に駆使する迫力のボーカルで、ライブではすさまじいまでの圧力を感じるはずです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。