LIVE SDD 2016の見どころは?去年の開催を振り返る!

2007年から開催されている「LIVE SDD」。今年も開催が決定し、出演者などの情報が解禁され日に日に盛り上がりをみせています。

飲酒運転撲滅をテーマにSDD-STOP!DRUNKDRIVINGと銘打った音楽イベント。音楽や生のライブが持つ力と一緒に飲酒運転の危険についてみんなで考えるいい機会です。

今回は気になるLIVE SDDがどういう音楽イベントなのかを紹介しましょう。

LIVE SDDに参加する前に知っておきたいイベント背景

まずはLIVE SDDがどういうイベントなのかを覚えましょう。ただライブを楽しむだけのイベントではなく、ライブを通じて思いを一つにすることも重要なのでイベント背景にも注目したいところです。

LIVE SDDとはFM OSAKAを中心に、阪急電鉄株式会社と阪神電気鉄道株式会社がコアパートナーとして2007年に発足した飲酒運転による重大事故根絶の啓発を図るプロジェクトです。

SDDは「STOP」「DRUNK」「DRIVING」の頭文字を取って名づけられました。LIVE SDDのプロジェクト・リーダーを務めるのはSTARDUST REVUE、TRFの二組で、彼らを筆頭に飲酒運転撲滅の意思に賛同したアーティストが熱いライブでその思いを伝えます。

LIVE SDD2015を振り返って、ライブ内容を復習しよう

さて、ここまできたら気になるのは公演内容ですよね。早速去年おこなわれたLIVE SDD2015の公演を振り返りましょう。

  • 出演アーティスト:STARDUST REVUE、TRF、鈴木雅之、矢井田瞳、DEEP、AAA、BENI、吉田山田、大原櫻子
  • シークレットライブアーティスト:morioni
  • SDD メッセンジャー:吉本新喜劇(すっちー、松浦真也、吉田裕)
  • SDD プロジェクト・メッセンジャー:GENERATIONS from EXILE TRIBE 白濱亜嵐、片寄涼太、数原龍友
  • 総合司会:小倉智昭

それぞれのアーティストライブはもちろんのこと、この日しか見れないコラボレーションなどもあり毎年必見の内容になっています。ライブだけではなくFM OSAKAで番組出演をしているアーティストが熱いメッセージを届ける為に出演するなどの企画もありますね。

GENERATIONS from EXILE TRIBEから白濱亜嵐、片寄涼太、数原龍友の3人が登場すると会場は黄色い声援と共に大盛り上がり。パフォーマンスはなくトークのみの出演でしたが、さすが人気絶頂のEXILETRIBEメンバーです。しっかりと会場に来ているファンの心をキャッチしていました。応援しているファンに飲酒運転やめましょうって言われたら絶対にやらないって思えますよね。

ライブではTRFの後輩グループAAAが今年も会場を熱くしてくれました。「Party it up」「さよならの前に」「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」の3曲を披露したのですが、盛り上がる曲、新曲、ライブ定番曲のセトリにファンは大満足。見事トリを飾っていました。最後はオールキャストでマイケル・ジャクソンの「Heal the World」を熱唱し、1万人の観客と出演者が一つになり幕を閉じました。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。