矢野顕子と清水ミチコ、二人のスターの素敵な関係をまとめてみた

矢野顕子が2016年、ソロデビュー40周年を迎えます。東京・新宿区の劇場で「東京グローブ座」開催される記念のコンサートは、3/30(水)の公演に清水ミチコがゲスト出演することが決まりました。清水ミチコは高校時代から矢野顕子の大ファン。矢野も清水のモノマネを高く評価しており、ライブやテレビで共演しています。本記事では矢野顕子と清水ミチコの素敵な関係、過去の共演エピソードをご紹介します。

2016年にソロデビュー40周年を迎える矢野顕子

音楽ファンからも絶大な支持を集めていますが、芸能界にも多くのファンがいます。その中でも有名な一人が、モノマネの女王・タレントの清水ミチコでしょう。数多いレパートリーの中には、矢野顕子も入っています。

ここでは、そんな矢野・清水のビッグな二人の素敵な関係をご紹介します。

感動!矢野顕子と清水ミチコの共演シーン

芸能界きっての矢野顕子ファンといえば、清水ミチコでしょう。清水はラジオ番組で、矢野の前で、好き好きエピソードを話したことも。高校1年のとき矢野顕子の音楽が好きになり、「矢野顕子になりたい」とピアノでコピーし続けていました。

そんな二人は、渋谷にあった小劇場「ジァン・ジァン」で、永六輔さんを介して知り合ったそうです。矢野は清水が演じるモノマネについて、歌はもちろんピアノもすごいと評価しています。

水ミチコは得意曲の一つ、「ひとつだけ」(1980年)をテレビ番組で披露したことも。ライブのMCまでコピーしています。誇張しないで、かつ、初めて矢野顕子を聴く人に「面白い」と思ってもらえそうな絶妙なところを行っていますね。

清水ミチコの武道館ライブに矢野顕子がシークレットゲスト!

矢野顕子のライブに清水ミチコがたびたびゲスト出演しています。が、逆のパターンもありました。

2015/12/30(水)に行われた清水ミチコの武道館ライブでは、松任谷由実や森山良子など得意なレパートリーをピアノ演奏とともにモノマネした後、サプライズで矢野顕子が登場。ピアノは2台に増え、「ひとつだけ」などを共演しました。

ちなみに矢野顕子、普段はニューヨークを拠点にしており、12月は日本に帰国する時期。年末恒例の「さとがえるコンサート」を終えたばかりでした。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。