SHISHAMOは今一番泣けるガールズ胸キュンロック!魅力を徹底解剖!

今、女子中高生を中心に、爆発的な人気を集めているガールズロックバンド、SHISHAMO(ししゃも)。等身大の乙女心を歌ったリアルな歌詞と心に響く泣きのメロディは、今一番泣けるロックだと話題を集めています。2016年の年明けには武道館ライブを大成功させた彼女たち。今回は、SHISHAMO(ししゃも)の魅力に迫ります!

今、女子中高生を中心に、爆発的な人気を集めているガールズロックバンド、SHISHAMO(ししゃも)

平均年齢20歳の3ピースロックバンドの彼女たちは、ロックフェスにも引っ張りだこの、今一番注目のロックンロールバンドです。

等身大の乙女心を歌ったリアルな歌詞と心に響く泣きのメロディは、今一番泣けるロックだと話題を集めています。2016年の年明けには武道館ライブを大成功させた彼女たち。今回は、SHISHAMO(ししゃも)の魅力に迫ります!

ガールズロックバンドSHISHAMO(ししゃも)ってどんなバンド?

メンバー 左から Dr./吉川 美冴貴(よしかわ みさき)・Vo.&G/宮崎 朝子(みやざき あさこ)・Ba/松岡 彩(まつおか あや)

リアルな女心と切なくも力強いロックサウンドが女子中高生を中心に人気を集めているSHISHAMO(ししゃも)。曲を聴くと思わず涙が出てくるという、泣ける胸キュンロックが魅力の彼女たちは、平均年齢20歳のフレッシュなガールズロックバンドです。SHISHAMO(ししゃも)の結成は2010年。前メンバーだった元ベースの松本彩を中心に高校の同級生で結成されました。結成当時は「柳葉魚(ししゃも)」と漢字でのバンド名だった彼女たち。バンド名は、ボーカル&ギターの宮崎の姉が名付け親だそうです。

当初は文化祭で好きなバンドのカバーをする程度だったという彼女たちですが、軽音部の顧問からオリジナル曲を作ってみれば?と言われたことから、オリジナルで曲を作り、歌うようになりました。そんな彼女たちが世に出るきっかけとなったのが2012年に出場した「TEENS ROCK IN HITACHINAKA」です。このコンテストで優秀賞とボーカル賞を受賞した彼女たちはバンド名を「SHISHAMO」に改名しました。

一部の音楽関係者の間ではすでに話題になっていた彼女たちですが、音楽ライターの鹿野淳が彼女たちに注目し、自身の音楽誌でインタビューをしたことから一気に人気に火がつきました。2013年の高校卒業を機にデビューを果たし、本格的に音楽活動を始めた彼女たちは、その楽曲のセンスが評判を呼び、数々のイベントなどでも活躍することとなります。

■メンバーチェンジを経て現在のメンバーに

メジャーデビューを果たし、様々なイベントなどにも出演、ツアーも行うなど、人気者となったSHISHAMOでしたが、2014年9月にベースの松本が脱退をします。もともとバンド結成時からバンド活動は20歳までと宣言していた松本。その宣言通り、誕生日を迎えた翌月にSHISHAMOを脱退しました。

そして、SHISHAMOが出演していたロックフェスで裏方としてアルバイトをしていた松岡彩に、宮崎が声を掛けたことから、松岡がSHISHAMOの2代目ベーシストとして加入することとなりました。2ndシングル「量産型彼氏」のMVでお披露目となった松岡。それからは現在のメンバーで活動し、武道館公演を成功させるなど、ますます勢いづいている彼女たちです。

SHISHAMO(ししゃも)の魅力は音楽だけじゃない!

等身大の女の子の気持ちを歌った胸キュンロックが「今一番泣けるロック」だと話題のSHISHAMO(ししゃも)。実は彼女たちの魅力は音楽だけではありません!

SHISHAMOの楽曲のほとんどを手掛けているボーカル&ギターの宮﨑。彼女は、実はイラストが大の得意。もともと高校ではデザイン学科出身だった彼女は、音楽と並行してイラストも趣味として描き続けていました。

そのため、CDジャケットやグッズのデザインなども手掛け、キュートでどこか癒される絵のタッチはファンからも好評です。

SHISHAMOの公式の動画チャンネルでは、SHISHAMOの歴史を宮﨑のイラストで紹介するなど、もはやSHISHAMOを語るには彼女のイラストは欠かせない存在です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。