1年ぶりのライブの前に!スキマスイッチにまつわる秘話がおもしろい

1年ぶりにライブツアー開催決定! 1年間のスキマにスイッチいれます。

「奏(かなで)」や「全力少年」など大ヒット曲を生み出したバンド、スキマスイッチが4月から待望のライブツアーを開催します。

スキマスイッチ TOUR2016 ”POPMAN’S CARNIVAL ”と称されたライブツアーはスキマスイッチが今までリリースした全楽曲から厳選した楽曲達と、普段披露されないレア曲を含めて演奏予定ということでファンの間でもライブを楽しみにしているという話題で盛り上がっています。

そんなスキマスイッチですが、実は曲はもちろんのこと、彼ら自身のエピソードも魅力満載なんです。

今回はスキマスイッチの秘話をご紹介します。

スキマスイッチの秘話を大公開! 結成編

まずはスキマスイッチの結成秘話をお届けしましょう。

スキマスイッチの結成は他のバンドにあるような昔から一緒にやっていてといった感じではなく、半ば強引に結成されました。

ボーカルの大橋が元アフロの常田に楽曲のアレンジを依頼したことから始まります。その楽曲を常田がさらにアレンジして音楽業界人に聞かせたところ好評価をもらい、二人は組んでいるのかと聞かれ、常田は組んでもないのに「組んでいます」と答えてしまったため、後には引けない形でスキマスイッチを結成することになったというのが始まりでした。

実の所、大橋は当初、常田の楽曲制作の実力を認めつつも、目指す音楽性や当時の実力から一緒に組むことは考えていなかったそうですが、突然の大きな話しに戸惑いつつも結成を了承したそうです。

常田の半ば強引な行動が今のスキマスイッチを生み出したと思うと面白い結成エピソードですね。

彼らが個人で音楽活動や楽曲提供をおこなったりするのも、元々は個人で才能を生かした音楽活動をしていたことが理由の一つでもありそうです。

スキマスイッチの秘話を大公開! アフロやめた編

スキマスイッチといえば常田のアフロヘアーが話題を集めていたことを皆さんはよく知っていますよね。色々な音楽番組でアフロヘアーをいじられてはそのキャラを強くしていきましたが、常田自身は常にアフロヘアーを止めたかったそうです。
しかし、あまりにもトレードマークになり過ぎてしまい、事務所からアフロを続けて欲しいといった指示がでたり、お笑いグループのトータルテンボス藤田憲右に似ているということも話題になり止めるに止めれなくなったそうです。

スキマスイッチがなにか話題になると、なぜかトータルテンボスにもファンからSNSに反応をもらうなどもはやお互い公認の関係にあり、交友関係にもつながっているみたいですね。

そんな、常田もついにアフロヘアーを断髪することができたのですが、最近になってファンの間で新たな似ているお笑い芸人の名前が浮上し始めました。 それは、今話題の音楽お笑いグループでクマムシの長谷川俊輔です。
あったかいんだからぁ~の人ですね。どうでしょうか? 確かにちょっと似ているかもしれませんね。 これからはスキマスイッチに何か話題があった時はクマムシに連絡が行くのでしょうか?気になるところです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。