水戸室内管弦楽団ご用達!最高級の楽器・ストラディバリウスの豆知識をご紹介

小澤征爾氏が指揮を執ることでも知られている水戸室内管弦楽団。幻想的ともいえる美しいハーモニーは国境を超えて高く評価されています。2015年5月から水戸室内管弦楽団に参加している竹澤恭子氏、彼女の使用楽器はなんとストラディバリウス!でも、「名前はよく聞くけどストラディバリウスって詳しく知らない・・・」なんて方も多いと思われます。ストラディバリウス、ただ単に高価な楽器ではありません。そこで今回はストラディバリウスについての豆知識を紹介します。

時間を忘れてしまいそうなほど美しいハーモニーを奏でることから、世代も国境も超えたファンが多い水戸室内管弦楽団。超一流の音楽家によって構成されていますが、使用楽器も超一流です。

誰でも名前を知っているストラディバリウスはその代表と言えるでしょう。

しかしそんなストラディバリウス、あまり詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ストラディバリウスについての豆知識をご紹介します。

水戸室内管弦楽団にふさわしい楽器・ストラディバリウスはヴァイオリンの始祖だった

水戸室内管弦楽団にも使用者が多いストラディバリウス。ヴァイオリンの一種だと思っている方も多いですよね?半分正解ですが厳密にはちょっと違います。ストラディバリウスとは、ずばり楽器の名称です。

ストラディバリウスとは、1600年代~1700年代前半にアントニオ・ストラディバリという弦楽器製作者が作った楽器のことを指します。この時はまだヴァイオリンの形式が不完全でした。ストラディバリウスは完成前の状態のヴァイオリンに当たります。

アントニオ・ストラディバリとその師匠ニコロ・アマティが、試行錯誤の果てに完成させたものが現在のヴァイオリンの基礎です。実は、ストラディバリウスとはヴァイオリンの始祖だったのです!

水戸室内管弦楽団でも使用!ストラディバリウスを所持している人は日本にもいる?

非常に高価なことで知られているストラディバリウス。約300年の時を経て現存するものは約600本と言われています。個体差はありますが、そのすべてに数億円の価値があります。不名誉なことですが、その希少価値ゆえに盗難事件にも巻き込まれることも多く、楽器に疎い一般人の間でも知名度は高いです。

ハイソサエティーな香りがするストラディバリウスですが、もちろん所有者も超一流。メディアでの露出も多い高嶋ちさ子氏、天才少女と呼ばれた千住真理子氏等、著名な音楽家が所有しています。ヴァイオリン界の重鎮・辻久子さんは73年に1703年製のストラディバリウスを購入しました。

当時の価格でも3500万円!自宅を売却して購入したため、その後は阪神間の借家と北海道にある旦那さんの家を行き来していたそうです。水戸室内管弦楽団もその美しい音色に価値を見出し、ストラディバリウスを使用しているのです。

水戸室内管弦楽団にもストラディバリウス貸与者が。でもその条件は?

一番左に写っているのが2015年5月から水戸室内管弦楽団楽団員として活動している竹澤恭子氏。美しい方ですね。竹澤氏は1704年製のストラディヴァリウス、ヴィオッティを貸与されています。

選ばれし者のみが手にすることを許されるストラディヴァリウス。所持はもちろん、貸与の条件もとても厳しくなっています。

プロフィール、音源、推薦状、報道資料等を日本音楽財団により厳しく審査され、狭き門を通過した一流の音楽家のみに貸与が許されています。実績はもちろんのこと、将来性も必須条件となります。

一生に一度は水戸室内管弦楽団の生演奏を。

水戸室内管弦楽団の生演奏ならストラディヴァリウスの音色を体験できるかもしれません。チケットキャンプ(チケキャン)では水戸室内管弦楽団のコンサートチケットをお取り扱いしております。夢の中にいるような美しいハーモニーをお楽しみください。

ライブフリーク編集部 イチ押し公演!

水戸室内管弦楽団 第95回定期演奏会

アプリなら手数料半額&プッシュ通知が届く「ライブ・コンサート定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。