永遠のアイドル、南野陽子の美少女伝説を振り返る!

南野陽子といえば1980年代後半に大人気だったアイドルですが、全盛期から30年近く経った今でも変わらぬ美貌をキープし続けています。驚異的に若いその姿は「本当に年を取っているの?」「魔女なのでは」「不老不死」等と囁かれているほど。知性の増した現在の姿も素敵ですが、アイドル時代のナンノは清純派でキラキラしたお嬢様オーラに溢れていました!この上ないほど可愛いと言われた南野陽子の全盛期の思い出を振り返ってみたいと思います。

日本でいちばんかわいい女の子といっても過言ではなかったアイドル南野陽子。現在は華やかな美人といった印象ですが、全盛期はお嬢様のような上品な雰囲気にどこかイタズラっぽい笑顔で世の男性を虜にしていました。そこで今回は、この上ないほど可愛いと言われた南野陽子の全盛期の思い出を振り返ってみたいと思います。

南野陽子はデビュー前から有名だった!?

南野陽子 伝説 1
(出典:Twitter)

1980代はアイドル全盛期。容姿端麗な美少女が次から次に現れて、ブラウン管の中でほほ笑んでいました。その中でも群を抜いて可愛いと話題になったのは南野陽子ことナンノでした。

実はナンノ、デビュー前から地元でちょっとした有名人だったようです。当時はまだ高校生で、阪急電車で通学していたナンノ。まだ芸能界に足を踏み入れる前でしたが、あまりにも可愛かったことから男子学生の間で話題となり、ナンノ見たさに車両に男子が群がったという伝説があります。こんな美少女ならぜひ間近で目撃してみたいものです。

南野陽子のポスターがなくなる事件

南野陽子 伝説 2
(出典:Twitter)

圧倒的な美少女ぶりでトップアイドルの座を獲得したナンノ。人気が爆発していた1988年頃、JR西日本のイメージガールにも選ばれます。駅貼りされたポスターの可憐さに目を奪われた方も多数いらっしゃったでしょう。ナンノのおかげで広告効果は絶大でしたが、この可愛さが仇となり盗難騒ぎにも発展してしまいます。

南野陽子のポスターは駅に貼った矢先に剥がされてなくなってしまうため、当時のJRは頭を抱えていました。そこでJR、ナンノのポスターを抽選で500名にプレゼントすることを思いつきます。ナンノは大人気だったので応募人数は約2万人にも上りました。単純計算しても倍率は40倍!当たった方は強運の持ち主ですね。

ナンノ、歌詞を忘れる事件

南野陽子出演の1988年11月3日放送の「ザ・ベストテン」。この回で歴史に残るハプニングが起きます。

落ち葉の敷き詰められた秋らしいセットの中、オルゴール人形のようなドレスに身を包んだナンノ。このスタイルで名曲「秋からも、そばにいて」を披露。歌いだしは好調です。ご存知のか細い歌声で切ない歌詞を歌い上げていましたが、急に表情が硬直し、ピタリと歌が止まってしまいます。動揺で手が震え、涙をこらえながらもなんとか歌い続けるナンノの姿は痛々しいです。それでも歌い終えた後は頭を深々と下げて「どうもすみませんでした。ごめんなさい」と謝罪。アイドルらしからぬ姿勢はプロそのものです。

苦い経験をしながら頑張ってきたからこそ、今の美しいナンノがいるのでしょう。

年を取らないアイドル、南野陽子人気が再燃!

南野陽子 伝説 3
(出典:Twitter)

NANNO 30th ANNIVERSARY ~南野陽子デビュー30周年記念コンサート~の開催も決定で、今年も出だし絶好調な南野陽子。チケットキャンプ(チケキャン)では南野陽子のコンサートチケットもお取り扱いしております!ちょっぴりお茶目なナンノの素顔が目撃できるかも!? 

ライブフリーク編集部 イチ押し公演!

南野陽子 30th ANNIVERSARY YOKO MINAMINO CONCERT TOUR

アプリなら手数料半額&プッシュ通知が届く「ライブ・コンサート定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。