ポール・マッカートニーも認めた!ジャズの女王 ダイアナ・クラールの実力とは?

グラミー5回受賞の世界が認めるジャズの女王、ダイアナ・クラールの11年振りの来日公演が決定しました!巨匠、デイヴィッド・フォスターとタッグを組んだ新作アルバム「Wall Flower」では、1960-70年代のヒット曲を、豪華アレンジで歌い、音楽ファンの間で話題を呼んだ彼女。プライベートではエルビス・コステロのパートナーとして子育てをしながらキャリアを重ねているダイアナ・クラールの来日公演の詳細と、世界のアーティストをも魅了する彼女のコラボ作品をご紹介します。

ダイアナ・クラール コラボ 1
(出典:Twitter)

グラミー5回受賞の世界が認めるジャズの女王ダイアナ・クラールの11年振りの来日公演が決定しました!

巨匠、デイヴィッド・フォスターとタッグを組んだ新作アルバム「Wall Flower」では、1960-70年代のヒット曲を、豪華アレンジで歌い、音楽ファンの間で話題を呼んだ彼女。
プライベートではエルビス・コステロのパートナーとして子育てをしながらキャリアを重ね、コステロとの共作もするなど、その活動には目が離せません!
今回はダイアナ・クラールの来日公演の詳細と、世界のアーティストをも魅了する彼女のコラボ作品をご紹介します。

世界が認めたジャズの女王、ダイアナ・クラールの来日公演が決定!

Wall FlowerをAmazonでチェック!

世界が認めるジャズの女王、ダイアナ・クラール。
世界のトップアーティストたちからも注目を集めるダイアナ・クラールの11年ぶりの来日公演が決定しました!

グラミーを5回受賞している実力派のダイアナ・クラールのステージをぜひ生で体感出来るチャンスです!

~WALLFLOWER WORLS TOUR~
●東京公演
2/24(水)・25(木) 昭和女子大学 人見記念講堂

●大阪公演
2/29(月) グランキューブ大阪
▶︎Wall FlowerをAmazonでチェック!

ダイアナ・クラール、私生活のパートナーのエルヴィス・コステロとのコラボレーションは必聴!

女性ジャズシンガーとしてグラミーを5度受賞という偉業を成し遂げたダイアナ・クラール。

2003年にエルヴィス・コステロと結婚し、公私ともにベストパートナーとして知られています。
2004年にリリースしたアルバム「ザ・ガール・イン・ジ・アザー・ルーム」では、楽曲の半分をコステロが手掛け、多くの音楽ファンの間で注目を集めました。

彼女とコステロが出会ったのは1996年。
それまでグッドガールというイメージで、スタンダードなジャズを歌っていたダイアナ・クラールですが、コステロに出会ってからは、彼のキッチュでポップな音楽センスに傾倒します。

ダイアナ・クラールの音楽人生を変えたと言っても過言ではないコステロですが、「ザ・ガール・イン・ジ・アザー・ルーム」ではコステロ色がかなり強いと言われ、音楽ファンやメディアは彼女の傾倒ぶりにあまりよくない反応を示しました。
また、CDセールスも伸び悩むなど、決して順調ではないリスナーの反応もあり、彼女はコステロとの音楽活動を離れます。

しかし、コステロから学んだジャンルを超えた音楽センスを活かした曲作りは、彼女に大きな影響を与えます。
コステロとの音楽活動からは離れたものの、テレビ出演やステージでは夫婦共演を果たしており、そのたびに注目を集めています。

そして、イマイチな反応と言われていたコステロとの楽曲ですが、ダイアナ・クラールのファンの間では高い人気を集めており、ライブなどでも盛り上がる一曲となっています。

リリース当時は酷評もあったコステロとの楽曲ですが、彼女の長い音楽人生においては、最も彼女に刺激を与えた曲たちとして、ファンの間では未だに愛されています。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。