成功の裏側には様々な事件が?ビーチボーイズが見た光と影

いつの時代も男性の心を揺さぶるものといえばサーフィン、車、女の子。ビーチボーイズはアメリカ西海岸の青い海を思わせる陽気で軽快なサウンドが愛され続けているバンドです。バンド名が表すように夏の青空の下でドライブしながら聴きたくなるナンバーが有名なビーチボーイズですが、明るく爽やかなイメージの裏側では常に苦悩と戦い続けていました。今回はそんなビーチボーイズの闇を紐解きながら彼らの歴史を振り返ってみたいと思います。

ビーチボーイズに影響を受けていないアーティストはいないと言われています。

日本でも山下達郎桑田佳祐はビーチボーイズファンで有名です。

音楽史上の伝説的バンドと言われるビーチボーイズですが、成功の裏側には深い闇が存在していました

流行の波に乗るためバンド名を変更されたビーチボーイズ。

「Surfin’」で華々しいデビューを果たしたビーチボーイズですが、本当のバンド名は「The Pendletones」でした。

しかし当時はサーフバンドが流行しており、その一員として売り出したかったレコード会社が「The Beach Boys」に変更してしまいます。

もちろんメンバーの許可など取っていません。ビーチボーイズのメンバーはラジオから流れてくる曲を聴き、初めて自分たちのバンド名が変わったことに気付いたそうです。ビーチボーイズ波乱のバンド人生の幕開けでした。

ビートルズにより、ビーチボーイズ転覆。

陽気で爽やかなサウンドにより、アメリカ中の若者のハートをがっちり掴んだビーチボーイズ。

サーフィン、車、女の子をモチーフにした楽曲は大流行し、あっという間にスターの座を手に入れます。そんな絶好調のビーチボーイズにもライバルが登場します。

イギリス出身の4人組バンド、泣く子も黙る世界のビートルズです。

「I Wanna Hold Your Hand」での全米デビューをきっかけに、ビートルズはみるみる人気者となりビーチボーイズの地位を脅かす存在に。

1964年2月に「Fun Fun Fun」をリリースしたビーチボーイズですが、ランキングは5位止まり。この時、ランキングの1位~4位をビートルズが独占していたからです。

その後「 I Get Around」で1位の座を再び奪い返しますが、ビートルズとはライバル関係が続くことになります。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。