「泣き曲」多し!平原綾香の泣けるランキング5選

2003年にデビューして以来、その稀有な歌声と楽曲を手がける才能に魅了され続けている方も多い平原綾香さん。そんな平原綾香さんの楽曲には「泣き曲」、いわゆる「泣ける曲」が多くあり、思わず泣いてしまう・ストレス解消に泣きたいときに聞く、などファンの皆さんにはそれぞれの「泣き曲」が存在する模様。今回はSNSの声から平原綾香さんの楽曲の中で特に「泣ける曲」を選出し、ランキング付けしてみました。あなたの「泣き曲」はありますか?

平原綾香 泣ける曲 1
(出典:Twitter)

平原綾香さんの曲といえば、やはり音にたゆとうような壮大な楽曲が多いですよね。感情が大海原に投げ出されたように、知らないうちに涙がこぼれることも。

そこで今回は、そんな平原綾香さんの曲で特に「泣ける」曲をSNS上の評判からランキング付けしてみました。

【平原綾香の泣ける曲】5位:今、風の中で

今、風の中で をAmazonでチェック!
2007/11/28にリリースの「今、風の中で」を泣ける曲として挙げる方は多く、その理由は2004年の新潟県中越地震で起きた実際のエピソードをベースに映画化された「マリと子犬の物語」の主題歌だったことも大きいようです。

映画の内容を思い出してしまい、反射的に泣いてしまう方も。

平原綾香さんは、感情を大きく揺り動かす作品の主題歌を担当されることも多く、「聞くとストーリーを思い出して泣いてしまう」という楽曲も多く存在します。

▶︎今、風の中で をAmazonでチェック!

【平原綾香の泣ける曲】4位:いのちの名前

晩夏(ひとりの季節)/いのちの名前をAmazonでチェック!

2005/9/28にリリースの平原さん初のダブルA面のシングル「いのちの名前
映画「千と千尋の神隠し」のテーマ曲のカバーで、テレビ番組「戦後60年特別企画・ヒロシマ」のテーマソング。
本家は木村弓さんによる歌唱ですが、作曲家の久石譲さんの武道館コンサートでのコラボが話題となり、平原さんバージョンも非常に有名になりました。

学生時代に合唱曲として演奏、または歌われた方も多く、この曲のテーマと共にその時の思い出もあり、大人になった今でもずっと「泣ける曲」として大事に思われている方が目立ちます。

▶︎晩夏(ひとりの季節)/いのちの名前をAmazonでチェック!

【平原綾香の泣ける曲】3位:おひさま〜大切なあなたへ

おひさま~大切なあなたへをAmazonでチェック!

2011/6/29にリリースのシングル「おひさま〜大切なあなたへ
NHK連続テレビ小説「おひさま」の主題歌であるこの楽曲は、紆余曲折あり、平原さんの作詞の歌詞がつくことになった曲。

親子間の愛情がストレートに表現されていることから、やはり、この年の東日本大震災の記憶とリンクさせて泣いてしまうという方も。

▶︎おひさま~大切なあなたへをAmazonでチェック!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。