まさにアーティストの鑑!?星野源の独創的な名言&迷言

音楽活動はもちろん、近年は俳優としての存在感も日を追うごとに増してきている星野源。音楽でも俳優でも超一流の輝きぶりを見せ、二足のわらじを見事に履きこなしてアグレッシブに活動を広げています。今回は、そんな星野源の考え方や価値観が垣間見える彼の名言&迷言をこれまでのインタビューなどから厳選して、星野源の活躍の秘密について探ってみたいと思います。今をときめくマルチなアーティストの頭の中を、一緒に探ってみましょう。

音楽活動はもちろん、近年は俳優としての存在感も日を追うごとに増してきている星野源。その爽やかでどこにでもいる好青年な風貌とは裏腹に、音楽でも俳優でも超一流の輝きぶりを見せ、二足のわらじを見事に履きこなしてアグレッシブに活動を広げています。

マルチな分野で活躍するアーティストは星野源以外にもたくさんいますが、星野源の卓越しているところは、どの分野であっても「星野源ワールド」ともいうべき彼にしか出せない個性を放っているところにありますね。そんな彼がどのフィールドでも常に存在感を放ち続けることが出来るのは、ひとえに彼の人と違った独特な価値観や考え方にあると言えるでしょう。

今回は、そんな星野源の考え方や価値観が垣間見える彼の名言&迷言をこれまでのインタビューなどから厳選して、星野源の活躍の秘密について探ってみたいと思います。今をときめくマルチなアーティストの頭の中は、一体どうなっているのでしょうか。

アーティスティックだけど共感できる部分も!星野源の世界観が分かる名言集

SUN(通常盤)をAmazonでチェック!

SUN(通常盤)をAmazonでチェック!

現在、音楽でも芝居でも高い評価を欲しいままにしている星野源。しかし、星野さん自身の自己分析では決して自分は才能にあふれていたわけではないというようにも語っています。星野さんがここまで来れたことの秘密が垣間見える発言が、以下になります。

ひょうひょうとしてなんでもソツなくこなしていそうな星野さんですが、意外にも猪突猛進で熱く突き進んできた結果が、今日の活躍につながっているということのようですね。この姿勢は私たちも見習いたいところです。異なるジャンルで自分のイマジネーションを惜しみなく爆発させている星野さん。その飽くなき発想力の源流が少しだけわかるのが、以下の発言です。

現実にはない虚構や妄想があって、それをいかにして現実に具現化させていくかというところに力を注いでいらっしゃることが分かります。彼の作品はすべて、自分の頭にあるものをどうにかして現実に持ってきたいがための試行錯誤の産物なのかもしれません。ドラマに映画にライブにレコーディングにと、文字通り休むヒマが片時もない星野源。そんな星野さんの「仕事」の捉え方が分かる発言が、こちらになります。

まさに「好き」を仕事にする、ということがどういうことかがよくわかる発言ですね。きっと「好き」だからこそ、息を吸うように仕事ができるのでしょう。

叩き上げの笑顔とは!?星野源のちょっと笑える・ちょっと不思議な迷言集

まじめな名言もさることながら、星野源の発言の中にはクスッと出来たり、あまりにも不思議すぎてファンであっても理解が追い付かないような迷言も多数含まれています。ライブMCではそのいかにも草食系なルックスとは裏腹に下ネタを飛ばしまくることでも有名な星野源。そんなライブに関係する発言に、こんなものがありました。

女性ファンも多い星野源ですが、この発言には熱心なファンの中にも引いてしまったという方が多いことでしょう。星野源のチャームポイントのひとつでもある笑顔。しかし、星野さんは実は昔から笑うのが得意ではなかったようですね。彼の笑顔に関する発言で、こんなものがあります。

「中学時代はとにかく青春っていう感じがしなかった。だから、とにかく嘘で笑ってたんです、ハハハハって。そしたらだんだん気持ちが追いついてきたのか、笑うことができるようになったんです」

もしかすると、星野さんが本気で笑っていることはそれほど多くないのかもしれませんね。対談相手のチュートリアル・徳井義実が言うように「叩き上げの笑顔」が星野源の人気の一端を担っているのかもしれません。ライブでの下ネタ満載なMCと裏腹に、人見知りな側面も多分に持っている星野源。彼の人見知りぶりを端的に表した名言が、以下になります。

ご自分のお部屋での星野さんは、一体どんなことになってしまっているのでしょうか。覗いてみたいような、やめておいた方がいいような……。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。