ファンだけでなくミュージシャンも惹きつけるロック界のビジュアルアイコン、女王蜂のアヴちゃんの魅力とは?

2011年のデビュー以来、エモーショナルで妖艶なライブがファンを魅了する女王蜂。時に激しく、時に切なくなる女王蜂のライブは、ミュージシャンをもトリコにしています。その中でも女王蜂のフロントマンを務めるボーカルのアヴちゃん。謎に包まれた部分が多く、彼女の不思議な魅力は多くの人を魅了します。今回は、女王蜂のアヴちゃんの魅力と、彼女にまつわるエピソードをご紹介します。

2011年のデビュー以来、エモーショナルで妖艶なライブがファンを魅了する女王蜂
本名、国籍、年齢、全てが謎に包まれている女王蜂ですが、彼女たちがステージで繰り広げる激しく、妖艶でセクシーなステージはファンだけでなく、プロのミュージシャンも注目するほど。

彼女たちがこだわる日本語ロックのサウンドは、多くのファンを魅了し、虜にします。
そして女王蜂と言えば、フロントマンを務めるアヴちゃんのカリスマ的な人気もファンにはおなじみですよね。

ロック界のビジュアルアイコンとも言われているセクシーでキュートな小悪魔のようなキャラクターがファンからも人気のアヴちゃん。
今回は、女王蜂のアヴちゃんの魅力や、彼女にまつわるエピソードをご紹介します。

女性ファンも憧れる妖艶でセクシーな女王蜂のボーカリスト、アヴちゃん

女王蜂のボーカリストで、作詞作曲も手がけるアヴちゃん。
作詞作曲では「薔薇園アヴ」とクレジットされているアヴちゃんは、楽曲制作のセンスだけでなく、ステージでの表現力も凄まじく、思わず見とれてしまうセクシーなステージは、男性ファンだけでなく、女性ファンもうっとりしてしまうほどです。

国籍、年齢など一切明かされていない女王蜂のメンバーですが、唯一神戸で結成されたことは公表しており、普段は関西弁を話します。
音楽だけで勝負したい!という彼女たち、そのためにそれ以外の情報を公開するのは不要だけど、どこからか漏れてしまうこともある、という彼女たちなりの苦悩をテレビで話していたこともあるそうです。

作詞作曲だけでなく、MVのプロデュースなどもすべて自分たちで行っており、そのセンスは音楽関係者たちにも高く評価されています。

私生活も謎に包まれているアヴちゃんですが「男性とご飯を食べに行った時にキュンとした」というエピソードも話し、妖艶で小悪魔的な印象が多い彼女にも、かわいすぎる一面があることがファンの間でも話題となりました。

テレビやラジオ、インタビューなどでは、気さくなところも見せ、ステージとは違ったフワフワしたキュートな一面は、ライブとのギャップがすごい、と言われています。

公式SNSでは女王蜂のステージでは見られない、素のアヴちゃんが見られます

謎に包まれた部分が多いと言われている女王蜂のアヴちゃん。
実はtwitterやインスタグラムでは、ステージでは見られない素のアヴちゃんを見ることが出来ます。

プライベートではおちゃめな一面も持つアヴちゃん。
思わず吹きだしてしまうようなユニークな動画や写真をアップしたり、ミステリアスな面も持ちつつ、キュートな面も持つアヴちゃんが見られるSNSはファンとしては要チェックですね!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。