神タッグすぎる!ガリレオガリレイ×「あの花」の親和性に迫る

ガリレオガリレイといえば、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(通称:あの花)」を思い浮かべるという人が多いのではないでしょうか?

ガリレオガリレイと「あの花」タッグは、神タッグと言われているほど親和性があります。どうして神タッグと言われるほどになったのでしょうか?今回は、その秘密について迫ります

ガリレオガリレイ×「あの花」が神タッグになるきっかけとなった「青い栞」

ガリレオガリレイと「あの花」が神タッグと呼ばれるきっかけとなった曲が「青い栞」です。「あの花」のテーマ曲として起用され、本作でシングルとして初となるオリコントップ10入りを果たしました。この曲の世界観と「あの花」の世界観がとてもシンクロしており、この曲のイントロを聴くだけで「あの花」の名シーンを思い出して涙してしまう…というファンが続出。

「押しつける僕の優しさを(でもなぜか言えないままだよ)本当どうかしてるみたい」さよならポニーテールのみぃこさんのコーラスしている間奏部分が、アニメキャラのじんたんとめんまのやりとりを思い出させます。また、PVも「あの花」の舞台である埼玉県秩父市で全シーンを撮影し、アニメの世界観にぴったりな映像となっています。

劇場版「あの花」の主題歌にもガリレオガリレイの「サークルゲーム」

サークルゲーム(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)をAmazonでチェック!

▶︎サークルゲーム(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)をAmazonでチェック!

劇場版「あの花」の主題歌にもガリレオガリレイの楽曲「サークルゲーム」が起用されています。この楽曲に対して、ボーカル・ギターの尾崎雄貴は、「僕たちが表現したい世界観に あの花 がマッチするので、心から楽しんで楽曲をつくることができました。」とコメントしています。

この楽曲は、フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」新オープニングテーマにも起用されています。また、アニメ、劇場版とメガホンをとった長井龍雪監督は、主題歌を「 あの花 という作品にとても優しく寄り添うような曲で、初めて聞いた時、ものすごく感激しました。」と絶賛していました。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。