伝説の刑事ドラマ「あぶない刑事」の歴史と神回を振り返る!

近年の刑事ドラマと言えば「踊る大捜査線」がなじみ深いですが、やはり刑事モノの金字塔といえば「あぶない刑事」!2016/1/30、ついにシリーズ最終章となる映画「さらば あぶない刑事」が公開されます。30年の歴史あるあぶない刑事メンバーの最終作品にファンは大喜びです。今回はその公開に先駆けて、歴史ある”あぶデカ”の過去に放送された作品から、ファンが選ぶ神回を厳選して紹介。レビューも含め、あぶデカの魅力をたっぷりお伝えします。

あの名作刑事ドラマ「あぶない刑事」ついに完結へ!1986年に放送され、ドラマと映画で30年間お茶の間と劇場を盛り上げた「あぶデカ」が、2016/1/30、映画「さらば あぶない刑事」と銘打ち、ついにファイナルをむかえます。 シリーズごとに「もっとあぶない刑事」、「またまたあぶない刑事」など名前を変えてきたあぶデカですが、今回のタイトルはズバリ「さらば」となっています。

「さらば あぶない刑事」の時代背景は、タカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)の名コンビが定年退職を迎えるという設定になっており、時の流れを感じさせる内容になっています。このことから定年前に一花咲かせるアニバーサリーな内容を想像しますが、町田透(仲村トオル)の言葉に緊張感が走ります。

「定年前は殉職率が高いので、センパイたちには無事に退職してほしいんですよ!」

そして、その言葉を後押しするように現れた宿敵である銀星会の残党が作った闘竜会との戦いが始まってしまい…。「さらばってそういうことなの!?」「タカとユージは無事に退職できるの!?」と、長年のファンは気が気ではありません。今回は「さらば あぶない刑事」公開に先駆け、過去のあぶない刑事の神回とともに歴史を振り返ってみましょう!

視聴者が選ぶ「あぶない刑事」の神回その1:やっぱり記念すべき初回「暴走」

50話を超える放送の中で人気の高い神回まずはこちら。

あぶない刑事 DVD Collection VOL.1をAmazonでチェック!

▶︎あぶない刑事 DVD Collection VOL.1をAmazonでチェック!

あぶない刑事 第1回「暴走」。記念すべき第一話です。視聴率も14.4%を記録し、スタートダッシュから好評を得ました。

連続爆破犯の岩田を見張っていたタカとユージの二人はついに岩田を逮捕するが、同時期に起きるはずがなかった爆破事件が起きてしまう。岩田に同志がいることを知った二人は新たな爆破犯を追い詰めるがその正体は意外にも…というストーリー。

今後の視聴率を占う上で重要な第1話ですが、当時の時代背景、キャラクター、話の内容等、レベルの高いものでした。ここからあぶない刑事の歴史が始まりまったのです。当初は半年間の放送予定でしたが、好評につきさらに半年間の延長がされ、計1年間放送される大人気ドラマになりました。

初期はシリアスでリアル感が強い作品が続いており、上述した犯人も少年だったという少年犯罪を取り上げたものになっていました。30年たった今見ても特に違和感を感じないと思います。刑事ドラマとして、ビジュアルや演出だけではなく、話の内容にもこだわって作られていたのが分かる神回ですね。

視聴者が選ぶ「あぶない刑事」の神回その2:男の絆に痺れた!第20回「奪還」

50話を超える放送の中で人気の高い神回2つめはこちら!あぶない刑事 第20回「奪還」。

タカとユージの男の絆を感じさせてくれる神回です。実際はこんな展開はないだろうと思いますが、そこはドラマを魅せてくれるあぶデカの良いところです。

いつものように凶悪犯のヤマを張っていた二人は、偶然にも別の事件の誘拐犯を逮捕することに。しかし、そのことから宿敵の銀星会とのバトルに発展してしまい交戦中にタカは足を撃たれ銀星会に拘束されてしまいます。ユージは少女を保護しなければいけないので、捕まるタカに必ず助けるといい残し刑事の職務を全うします。

警察署に戻ったユージはタカ救出を皆に呼びかけますが、大人の事情で受け入れられず、単身でタカの救出に向かいます。そして、見事救出し二人で銀星会と交戦しました。

とにかく、男の熱い絆を感じる神回です。どっちかがあぶない目にあったら必ずどっちかが助けるといった、名コンビの強い結束を感じます。この二人のやりとりに胸打たれる視聴者も多く人気の回になっていますね。 こういう人情溢れたお話もあぶデカの魅力ですし、現代にも伝えたい作品だと思える内容です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。