楽曲と映像美の融合! MIKAのポップでオシャレなPV5選

その類稀なるポップセンスで「ミラクル・ポップ・プリンス」の異名を持つ、ロンドン在住のシンガーソングライター、MIKA。日本でもファンの方が増えてきているMIKAは、楽曲のPVもまたポップでオシャレな仕上がりになっているのも魅力のひとつです。そんなMIKAのおすすめPVを5曲厳選して紹介し、彼の映像作品の魅力に迫ります。それぞれのPVを見比べて、MIKAの音楽的知識の深さにも注目してみてください。

ロンドン在住のシンガーソングライター、MIKA。甘い歌声とポップ感満載な音楽性で、ここ日本でもファンの方が増えてきていると思います。「ミラクル・ポップ・プリンス」の異名を持つMIKAは、古今東西のロックやポップスに大変造詣が深く、彼の音楽性はそんな深い音楽へのリスペクトが源泉となっているのです。

そんなMIKAは、PVもまたポップでオシャレな仕上がりになっています。曲が気になってPVを見てみて、一気にMIKAの魅力に取り込まれてしまったという方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなMIKAのおすすめPVを5曲厳選して紹介し、彼の映像作品の魅力について見ていきたいと思います。

MIKAのおすすめPV①:「Talk About You」これぞMIKA! スタイリッシュなポップ感満載のPV

ノー・プレイス・イン・ヘヴンをAmazonでチェック!

最初のおすすめPVは「Talk About You」です。MIKAの魅力が存分にはじけたストレートなポップソングとなっているこの楽曲は、彼のことを知らない人に「MIKAってこんなアーティストだよ」と薦められるような代表曲のひとつだと言えるでしょう。

MIKAの代名詞のようなこの楽曲のPVもまた、MIKAのポップな魅力を存分に理解できるものになっていますね。曲の世界観とPVの世界観が見事にマッチしていて、一気に彼の虜になってしまう方も多いことでしょう。MIKAの衣装のスタイリッシュな着こなしにも注目です。


▶︎ノー・プレイス・イン・ヘヴンをAmazonでチェック!

MIKAのおすすめPV②:「Boum Boum Boum」色々な時代へMIKAがタイムスリップ?

おすすめPV2曲目は「Boum Boum Boum」です。サビの「Boum Boum Boum」のリフレインが楽しいこの楽曲では、なんとMIKAが中世ヨーロッパ、開拓時代のアメリカ、18~19世紀ごろのアラブ、そして現代など様々な時代にタイムスリップしています。

MIKAはタイムスリップしたそれぞれの時代で、様々な敵たちとカッコよく戦っていますね。それぞれの時代で美女たちとセクシーなダンスを踊っているのも非常に魅力的です。

MIKAのおすすめPV③:「Big Girl (You Are Beautiful) 」フィルムカメラのレトロな映像がオシャレ!

おすすめPV3曲目は「Big Girl (You Are Beautiful)」です。ブリットポップの影響を感じさせるポップながら捻くれたメロディラインは、MIKAの深い音楽への造詣を感じさせてくれますね。このPVでは、あえてフィルムカメラを使用したレトロな映像が非常に印象的です。

PVの内容も、曲名に即して太めの女性たちと街を闊歩しながら踊りまくるという、とても楽しい仕上がりになっています。イギリスのアーティストではありますがどこか古き良きアメリカを想起させる作りのPVだと言えますね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。