カウントダウンジャパン1516 第4弾アーティストのおすすめ曲をチェック!

カウントダウンジャパン1516の第4弾アーティストが61組発表されました。これで第一弾と第二弾、第三弾と合わせて全164組が決定。さらに、各アーティストの出演日まで発表されました。今回は、発表された第4弾アーティストの中でも、おすすめのアーティストや楽曲についてご紹介します!

カウントダウンジャパン1516まで、あと少しのところまで迫ってきました!

そんな中、第4弾アーティスト61組が発表。これで第1弾と第2弾、第3弾と合わせて全164組が決定したことになります。いよいよ本格的に期待が高まってきましたね。

今回は、発表された第4弾アーティストの中でも、おすすめのアーティストや楽曲についてご紹介。年末に向けて、テンションを上げていきましょう。

カウントダウンジャパン1516 第4弾アーティストのおすすめ曲:藍井エイルの「ラピスラズリ」

第4段アーティストとして発表された中で、おすすめのアーティスト1人目は、藍井エイルです。2015年、最も知名度を高めたアーティストと言っても過言ではない、まさにアニソン界の新風です。

ハードロックのギターをハイトーンボイスで切り裂く、「アニソン」の枠に収まらない彼女。まるで映像作家のように暗闇も光も描く、作詞能力にも注目されています。

そんな彼女のおすすめ曲は、「ラピスラズリ」。


彼女の代表曲であるこの曲は、壮大なスケールを感じさせてくれる物語性の高い楽曲です。彼女のハイトーンボイスが聴いていてとても気持ちいい一曲です!

カウントダウンジャパン1516 第4弾アーティストのおすすめ曲:[Alexandros]の「ワタリドリ」

2組目のおすすめアーティストは、日本の男性4人組ロックバンド[Alexandros]

攻撃的なロックと甘いメロディ、日本語と英語が織り交ざった歌詞が印象的な彼らの音楽は、日本だけでなく世界をも狙えるレベルと言えるでしょう。実際に、2012年にカサビアンのオープニングアクトを務めていたり、2013年にイギリスで行われる音楽フェスティバル「THE GREAT ESCAPE」、2014年にアメリカで行われる音楽祭を含む大型イベント「SXSW」にも出演しています。

そんな彼らのおすすめ曲は、彼らの代表曲でもあり、Twitterでも話題となった「ワタリドリ」。


爽快感あるギターのリフと、ボーカル川上洋平の圧倒的に広い音域で歌われる歌が、一度聴いたら耳から離れません!

ただ、今年の11/12(木)、11/13(金)に開催予定だったツアー宮城公演が、川上洋平の声帯結節で延期になっているので、CDJまでにどう仕上げてくるのかが心配なところでもあります。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。