Twenty One Pilotsのアルバムからおすすめ曲と魅力を紹介

斬新ヤング・ジェネレーション、名門Fueled by Ramenと契約しアメリカでセンセーションを巻き起こす、オハイオ州コロンバスから飛び出したTwenty One Pilots

彼らの音楽は、アメリカだけでなく世界中で人気があります。その人気の理由はどうやら、楽曲の「統一性のなさ」にあるようです。

今回はそんな彼らの過去アルバムからおすすめしたい曲を紹介し、聞き比べ!魅力の秘密に触れてみましょう。

Twenty One Pilotsのアルバム「Vessel」の「Guns For Hands」は、銃乱射事件を題材にした聞き応えある一曲

VesselをAmazonでチェック!

VesselをAmazonでチェック!

デビュー・アルバムであるこのアルバムのおすすめ曲は、「Guns For Hands」です。

蒼井優出演のRIGHT-ON 2012A&WテレビCM曲としても使われていたので、聴いたことある人も多いはず。

アメリカの銃社会における少年たちによる銃の乱射事件がバックグラウンドにある歌詞と、すんなり体に入ってくるサビのメロディー、後半に曲調が変わってラップ部分を歌いだすところ等、聴きごたえのある楽曲となっています。

Twenty One Pilotsのアルバム「Blurryface」の「Stressed Out」に、全ニートが共感!?

BlurryfaceをAmazonでチェック!

BlurryfaceをAmazonでチェック!

このアルバムのおすすめ曲は、「Stressed Out」。全ニート共感必死のコミュ障ソングとなっています。

「昔は夢を見たもんだ。でも今は、働けって笑われる。」と、ここまでニート心を歌った曲はないくらいの歌詞内容となっています。

大人になって現実に向き合うときに誰もが感じることを、泥臭い言葉とお洒落なメロディーにのせて歌ってくれた彼らのセンスに脱帽です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。