back number「クリスマスソング」の魅力を徹底調査!

10月からのフジテレビ系月曜9時ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」の主題歌であるback number(バックナンバー)の新曲「クリスマスソング」。

小林武史氏プロデュースによるミディアム・バラードで、14枚目のシングルとして11/18(水)にCDリリースします。

今回は、クリスマスにぴったりなこのback numberの新曲の魅力について迫ります!

back numberの新曲「クリスマスソング」は、ちょっと切ない素直な冬のラブソング!

【早期購入特典あり】クリスマスソング(特典:ステッカー)をAmazonでチェック!

【早期購入特典あり】クリスマスソング(特典:ステッカー)をAmazonでチェック!

クリスマスを思い浮かべるメロディーや、切ないけど前向きな楽曲世界も魅力ですが、この曲の最大の魅力は、クリスマスの風景と好きな人に対する素直な気持ちがシンクロした歌詞です。

「できれば横にいて欲しくて/どこにも行って欲しくなくて/僕の事だけをずっと考えていて欲しい/やっぱりこんな事伝えたら格好悪いし/長くなるだけだからまとめるよ/君が好きだ」…

好きな人に対して、誰もがこんな気持ちになったことがあると思います。その気持ちを素直に表した歌詞がとても共感できるものになっています。また、「サンタとやらに頼んでも仕方ないよなぁ」といったクリスマスの風景を思い浮かべるような歌詞が、このラブソングをより切なく、心に残るものにしています。

今回の作詞に関して、清水依与吏は、「こんなに苦労したことはなかった」とラジオ(オールナイトニッポン)でも語っています。「クリスマスソング」が魂を込めて書かれた曲だということは、一聴してすぐに分かります。

back numberの新曲「クリスマスソング」のMVは「冬に恋をしているような」作品

「クリスマスソング」のMVは10月に千葉県のショッピングモール跡地に作られた撮影スタジオで、雪を降らせて撮影が行われました。100m以上離れた距離から望遠で撮影し、奥行きのある質感を作り出しています。

MVについてback numberの清水依与吏は、「この歌に良く合う優しい映像だけでなく、僕らの持つ男くさい感じも出ていて、それでいて最後にはどこか心を動かされる、素敵なMVだと思います。」とコメントし、またメイキング映像内では、「映像が曲に合っている。本当に冬に恋をしているような臨場感があってやりやすかった。」とコメントしています。

MVの監督の島田大介は、「今回は演奏シーンを中心に構成して、情緒あるシーンを撮るために超望遠のレンズを使って撮影しました。その為にいつも以上の広く遠い距離にカメラを置きメンバーも一人一人距離を置き遠近感を出して撮影しました。そのおかげで雪の降ってくる所など見応えのあるものになったかと思います。」とコメントしています。

「クリスマスソング」にぴったりの、雪が降る情緒あるMVにも注目です。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

  • backnumberのファンになって早くも4年になりました!笑
    backnumberの曲で一番好きなのは「恋」ですね!学生ならではの恋心が書かれています!
    とっても、良い曲なので聴いてみてください!

    これからも、backnumber応援し続けます!!!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。