どれが1番思い出深い?カウントダウンジャパン 歴代タイテランキング

年末年始に開催されるロックフェス、「カウントダウンジャパン」。

毎年豪華なアーティストを迎えるカウンロダウンジャパンですが、今回は特にオススメしたい歴代タイテをランキング形式で3つご紹介いたします。

【カウントダウンジャパンの歴代タイテランキング3位】カウントダウンジャパン11/12

2011年から2012年にかけて開催されたカウントダウンジャパン。

初日を飾ったのは、10-FEET、PUFFY、フジファブリック、気志團など、キャリアのある人気バンドのラインナップ。3日目は、9mm Parabellum Bullet、DOSE、THE BAWDIES、マキシマムザホルモンなどのバンドが出演しました。

中でもマキシマムザホルモンのライブはとても盛り上がっていました。フェスでの彼らの人気は凄まじいものがあります。同年リリースした「maximum the hormone」を最初に披露したあと、惜しみなく彼らのキラーチェーンである「F」、「爪爪爪」、「ぶっ生き返す」を立て続けに披露し、大変盛り上がりました。

【カウントダウンジャパンの歴代タイテランキング2位】カウントダウンジャパン13/14

2013年から2014年にかけて開催されたカウントダウンジャパン。

初日は、キュウソネコカミ、フジファブリック、きゃりーぱみゅぱみゅ、BIGMAMA、くるりなどのポップなアーティストたちで幕を開け、最終日に、MY FIRST STORY、ONE OK ROCK、RADWINPS、DOESなどの生粋のロックバンドが出演して締めくくりました。

EARTH STAGEは、カウントダウン明けのback numberがシメて26時に終演。その後、GALAXY STAGEはDOES、COSMO STAGEはゲスの極み乙女。、MOON STAGEはHemenway、ASTRO ARENAはDJ片平実がクロージング・アクトを務めるというタイテでした。

中でも2013年に結成10周年を迎えたDOESの氏原ワタルは、登場するなり松葉杖を掲げ、必殺ナンバー「曇天」で会場を盛り上げました。どうやら飲み過ぎて足を怪我してしまったそうで…。しかし、そんな姿もまさにROCKという感じでした。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。