electrox2016の第1弾アーティスト発表!注目楽曲をチェック

すっかり日本でもお馴染みとなった感のあるEDM。ですが、シーンの最新事情まで熟知している方はまだまだ少ないのではないでしょうか。そんなEDMをもっと楽しみたい、もっと踊りたいという方もぜひ参加してほしいEDMフェスティバルelectrox2016」が、2016年1月9日(土)に幕張メッセで開催されることが発表されました。

先日、electrox2016の出演アーティストが発表になり、AFROJACK、KASKADE、ベニー・ベナッシ、R3HABの4組のアクトが決定しました。耳の肥えたEDMファンも満足させられるであろうチョイスとなったこの発表ですが、今回はこれらのアーティストをよく知らない方のために、それぞれのこれだけは聴いておきたい注目楽曲をチェックしてゆくことにしましょう。

electrox2016の第1弾アーティスト:オランダのEDM界をリードするAFROJACK

弱冠28歳ながらオランダのEDM界をリードする存在となったAFROJACKビヨンセのシングル「Run the World (Girls)」を手掛けるなど、最近ではEDMに留まらない活躍を見せていますね。

そんなAFROJACKのオススメ楽曲、まずは彼の名前を世界レベルに押し上げた「Take Over Control」です。


母国オランダの歌手エヴァ・シモンズを招いて作られたこの楽曲は、各国のダンスチャートを席巻。続く1stアルバム「Lost & Found 」の世界的な成功も含めてAFROJACKを一躍EDM界の先頭に引っ張ったナンバーとなりました。

続いてはクリス・ブラウンをフィーチャーした大ヒットナンバー「As Your Friend」。

世界的人気歌手との初のコラボ楽曲となったこの楽曲は、ビートの強さもさることながら秀逸なメロディラインで多くのEDMファンを虜にしました。

最後は、三代目J Soul Brothersとの奇跡のコラボでも話題になった「Summer Madness」。

メロディアスなイントロから畳みかけるように四つ打ちのビートが打ち鳴らされる高揚感は、JSBのボーカルの美しさも相まってスペシャルなコラボにふさわしい楽曲だと言えますね。

electrox2016の第1弾アーティスト:EDMを知らない人にも有名な世界的KASKADE

KASKADEことライアン・ラッドンは、シカゴ出身のDJであり、EDM界の重鎮の一人と言っても過言ではないキャリアを持ったアーティストです。今回のフェスでもヘッドライナーとして、大いに会場を盛り上げてくれることでしょう。

メロウなEDMを聴かせてくれることの多いKASKADE。最初のオススメ楽曲は「Last Chance」です。

この楽曲は、メランコリックなメロディに重いビートが乗った、まさに「聞かせる系EDM」の入門編としてもオススメなダンスナンバーです。

メロウなナンバーで言えば、「Room For Happiness」もオススメです。

スキラー・グレイをフィーチャーしたこのナンバーは、儚さを感じられるボーカルに通常のEDMよりも軽快なビートが乗った楽曲となっています。KASKADEの楽曲は初心者でも取っつきやすいのが魅力のひとつだと言えますね。

最後はSkrillexとのコラボで大変話題となった「Lick It」。

KASKADEが普段あまり見せない攻撃的な引き出しを開け、Skrillexと共に攻撃的なビートでお互いを刺激し合うようなナンバーで、フロア熱狂間違いなしの豪華ナンバーとなっています。PVのストップモーションを多用した映像もオシャレですね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。