カウントダウンジャパン15-16 期待のアーティスト3選!

毎年豪華アーティストが大集結して非常に人気が高い年末のロックフェス「カウントダウンジャパン」。

そんなカウントダウンジャパン1516の出演アーティストが発表されました。

今回は発表された出演アーティストや、その中でも注目のアーティストについてご紹介します。

カウントダウンジャパン1516の出演アーティストは?

気になる今年の出演アーティストは、常連組であるACIDMAN、ストレイテナー、10-FEET、Dragon Ash、THE BACK HORNをはじめ、キュウソネコカミや04 Limited Sazabysなど

最近人気を高めている若手バンドも加わり、例年以上に豪華なアーティストが選ばれています。

出演アーティストを見るだけでも、最高に盛り上ることが期待されますね。

カウントダウンジャパン1516注目アーティスト1.泣けるメロディパンク「WANIMA」

今回のカウントダウンジャパンで、注目するべきアーティストその1は「WANIMA」。

彼らの代表曲「1106(イチイチゼロロク)」は、現代におけるモンゴル800「小さな恋のうた」並みの、パンクを代表する曲になること間違いなしと評判!

力強くも切なげな声、郷愁を誘う歌詞にもぜひ注目して聞いてみてください。

熊本出身の松本健太(Vo, B)、西田光真(G, Cho)を中心に2010年初夏に結成されたメロディックパンクバンドで、2012年12月に同じく熊本出身の藤原弘樹(Dr, Cho)が加入し、現在の編成となりました。

Ken YokoyamaやHOTSQUALL、FOUR GET ME A NOTSなどさまざまなバンドのツアーに参加し、各地で知名度を高めてきています。また、これまでに制作したデモ作品3枚は、現在までに手売りで4000枚を突破。2014年にPIZZA OF DEATHが、レーベルとして初めてマネジメント契約をしたことを発表し、注目を浴びています。

出演するライブは毎回かなりアツいものになっているようで、人気急上昇中で見逃せないアーティストです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。