日本を代表するポップスシンガー、郷ひろみの名曲「言えないよ」の魅力に迫る!

唯一無二の魅力でマダム層はもちろん、最近では若い世代にも影響力を与え続けている郷ひろみの名曲「言えないよ」。今回は郷ひろみの名曲「言えないよ」の魅力に迫り、過去のコラボに注目します!

【郷ひろみの名曲「言えないよ」に注目!】

60歳を迎えてもなお、衰えない魅力でマダム層はもちろん、最近では若い世代にも影響力を与え続けている郷ひろみ。今回は、ファン以外にも広く知られている彼の名曲「言えないよ」の魅力に迫り、過去のコラボ情報もまとめてお届けします!

【日本を代表するポップスシンガー郷ひろみ】

郷ひろみは数々の名曲を生み出しているポップスシンガー

郷ひろみのデビューは1972年。意外にもNHK大河ドラマ「新・平家物語」への出演が最初となっています。その後すぐシングル「男の子 女の子」をリリースし、日本レコード大賞「新人賞」や日本歌謡大賞「新人賞」を受賞。

華やかなデビュー年となりました。これまでにリリースしたシングルCDは、100枚を超え、リリース枚数の多さでも他のアーティストを圧倒しています。

デビューシングルの「男の子 女の子」をはじめ、「お嫁サンバ」「よろしく哀愁」「言えないよ」「GOLDFINGER’99」など世代を超えて人気の高い名曲の数々を発表し、日本を代表するポップスシンガーとなった郷ひろみ。

彼の楽曲の中でもファンから特に親しまれているのが1994年にリリースされた66枚目のシングル「言えないよ」です。切ない恋心を歌い上げたこの楽曲は、比較的最近の曲ということもあって若い世代にも知られています。

では、さっそく名曲「言えないよ」の魅力に迫っていきましょう!

【リリース直後のテレビ出演では郷ひろみの歌唱力を再認識!】

THE GREATEST HITS OF HIROMI GO VOL.2 -Ballads-をAmazonでチェック!

1994年にリリースされた「言えないよ」。当時39歳となった郷ひろみは年齢を重ねてきたことで、若いころのキラキラした魅力に代わる新機軸を見出そうとしていました。昔リリースしていた楽曲では年齢に合わなくなってきているものも増えてきている。新しい落ち着いた郷ひろみを見せたいというコンセプトのもとにリリースされたのがこの「言えないよ」だったのです。

テレビ出演で新たな魅力をアピール

発売直後にテレビで披露した際、郷ひろみは新しい魅力のアピールに成功しています。コーラスとの抜群のハーモニーで聴かせるイントロに始まり、しっとりとした楽曲を堂々と歌い上げる姿は、これまでにない「大人の魅力」がよく伝わるパフォーマンスでした。

実際この曲で、郷ひろみの歌唱力の高さを再認識したという方も多いのではないでしょうか。

【新たな代表曲となった「言えないよ」は、時を経るごとに味わいが増す!】

「言えないよ」は、郷ひろみにとって久々の35万枚を超える大ヒットとなり、郷ひろみの新たな代表曲として世間でも認識されるようになりました。「好きな気持ちを伝えたいのに伝えられない」という切ない恋心をストレートに表現した歌詞に共感した、という人も多いことでしょう。

コンサートの定番として長く親しまれる楽曲

重厚なギターアレンジも印象的なこの楽曲は、リリース後、コンサートでも定番のナンバーとなっています。

2009年のコンサートツアーファイナルでは、リリース当初よりも「聞かせる」ことに重点を置いた歌い方を披露。郷ひろみが年齢を重ねてきたことも相まって、より深みのある楽曲へと進化しています。

時を経るごとに味わいを増しており、これからも更なる進化が期待できそうですね!

【若い世代とのコラボにも注目!】

「言えないよ」は近年特に、若いアーティストによるカバーやテレビ番組でのアマチュアによるカラオケバトルなど、若年層の人たちからの人気が高まっており、楽曲の知名度も向上しています。切なく深みのある歌詞が魅力の楽曲は、世代を超えて素晴らしいと認識されるのでしょうね。

本人と若い世代とコラボしたパフォーマンスにも注目したいところ。テレビ番組で見られる共演は、多くの若者に楽曲を広めた大きなきっかけとなっています。

今の若者に広まったきっかけは後輩との共演!

「言えないよ」が若い世代に波及するきっかけとなったパフォーマンスは、おそらく2012年にアイドルユニット「テゴマス」とのコラボデュエット。歌唱力には定評のあるテゴマスの二人も、ジャニーズの大先輩とのデュエットには相当緊張したことでしょう。

しかしハリのある郷ひろみの声とテゴマスの二人の優しい歌声が美しいハーモニー。中高生にも人気のアイドルユニットとの共演は、楽曲が一気に若者へと広まるきっかけになったことは間違いないでしょう。

若者に人気のグループFlowerとも!

郷ひろみは2016年5月に放送された音楽番組でも、女性ダンスヴォーカルグループFlowerとコラボして「言えないよ」を披露しました。

ヴォーカル鷲尾伶菜の柔らかな声と混ざるサビのハーモニーが、テゴマスとの共演とはまた違った良さがあります。他のメンバーによるダンスも、曲調に合わせたなめらかな動きがステージの雰囲気を盛り上げていました。

Flowerとの共演では鷲尾伶菜の歌の上手さもさることながら、郷ひろみのベテランシンガーとしての貫禄がより際立っており、彼の魅力を改めて確認させられたという人も多いかもしれませんね。

女優・土屋太鳳と紅白のステージで意外なコラボ!

最近一番話題となっているのは、やはり2016年の大晦日に放送された「NHK紅白歌合戦」のステージで女優・土屋太鳳と共演したことでしょう。

幼少期から日本舞踊やクラシックバレエを習い、大学で舞踊学を専攻しているという土屋太鳳が披露したダンスは、名曲「言えないよ」の演出に相応しいうっとりするような優美さを放っていました。

郷ひろみの安定感抜群の歌と土屋太鳳のダンスという意外なコラボは強烈な印象を残しており、ツイッターでも「NHK紅白歌合戦」の録画映像を何度も見返してしまうという感想があがっています。

郷ひろみの他のオススメ記事

【郷ひろみの「言えないよ」は、ぜひ生で聴きたい一曲!】

(出典:photoACより)

日本を代表するポップスシンガー郷ひろみの名曲「言えないよ」の魅力、そして過去の素晴らしいコラボについてまとめてお届けしました。若い世代にも受け入れられながら長く愛されている名曲「言えないよ」。ぜひ、今年6月から開催されるツアーのコンサート会場へ足を運んで生で聴いてみてくださいね!

みんなのコメント
  1. より:

    いつ聴いても素敵な夢が叶っつた気がする遥か彼方なメロディー☀️

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。