思わず男泣き!?ken yokoyamaの泣ける曲ベスト3

Hi-Standardのメンバーとしてデビューし、今なお鮮やかなギタープレイがバンドボーイたちに影響を与え続けている横山健。今もなおカリスマ的な人気を誇る横山健は、ハイスタ解散後はKen Yokoyama名義でのソロ活動を長年に渡って行っています。

10年以上に渡ってのソロ活動の中で、横山健はハイスタに負けず劣らず、いやハイスタ時代を超えるような名曲を数多く生み出してきました。そしてその中には、速いビートの中にもメロディアスな泣けるフレーズが散りばめられているような楽曲もあり、ノリノリで聴いている最中に思わずホロリと来てしまうような楽曲も数多く存在します。

今回はそんな横山健のソロ楽曲の中から、思わず泣けてしまう名曲を3曲厳選して紹介します。ノリノリになっている最中に泣いてしまわないように、気を付けておきましょうね。

自らの存在証明とも言える名曲「Punk Rock Dream」

横山 健 -疾風勁草編- [DVD]をAmazonでチェック!

▶︎横山 健 -疾風勁草編- [DVD]をAmazonでチェック!

泣ける名曲1曲目は、2010年発売のアルバム「four」に収録されている「Punk Rock Dream」です。なんとも直球なタイトル通り、愚直で直球なメロコアを利かせてくれるこの楽曲は、横山健のソロ楽曲の中でも特に人気が高いものになっています。

アルバム楽曲にもかかわらずPVが制作されていることや、横山健自身が収録されているアルバム「four」が自身のこれまでの最高傑作だと言っていることからも、彼自身この楽曲には思い入れが深いと言えるでしょう。

「俺のパンクロックドリームは本当にあったんだ」と力強くもどこか切なく歌う横山健のボーカルと、畳みかけるようなギターリフは、思わずホロッとさせてくれることうけあいです。元気な曲調にストレートなメッセージが突き刺さる、まさにパンクな一曲だと言えるでしょう。

勇気と元気を与えてくれる! いつでも背中を押してくれる楽曲「Running On The Winding Road」

泣ける名曲2曲目は、ソロデビューアルバム「The Cost Of My Freedom」に収録されている「Running On The Winding Road」です。この楽曲もファンからの人気が非常に高く、またソロ転向直後の楽曲ということもあって知名度も高いのではないでしょうか。

冒頭の優しいギターのイントロから、刻み付けるようなカッティングで聴かせる展開は誰もが高揚感に包まれることでしょう。そんな攻撃的な展開から一転、ボーカルのメロディラインは切なく儚い響きを持っていて、聴き手をハッとさせてくれます。そして歌詞に込められたメッセージまで思い至ると、涙なしでは聴けなくなってしまうことでしょう。

実際に辛い時期をこの楽曲と共に乗り切ったというファンの方も多く、どんな時でも背中を押してくれる楽曲だと言えますね。楽曲の尺が短く、颯爽と終わっていくのも切ないポイントのひとつです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。