B’z稲葉浩志の性格は?ファンも知らないレアエピソードを厳選!

50歳を迎えてもなお衰えることなく、常に日本のロック界の先頭を走り続けているB’z稲葉浩志。歌唱力はもちろん、ルックスも衰えるどころか更に磨きがかかってきている感すらありますね。B’zの楽曲も数年前からは高音張り上げ系のものが多くなり、1990年代の楽曲よりも更にパワーアップしたものが増えています。その難易度は、もはやカラオケ殺しというレベルであり、稲葉さん本人でしか再現できないレベルになりつつあります。

そんな稲葉さんですが、テレビやメディア出演時には元来の口数の少なさもあって、なかなかどんな性格の方なのかということが見えてきませんね。今回は稲葉さんの性格を伺い知れるエピソードを3つ厳選して紹介し、稲葉さんの素顔に迫ってみたいと思います。ファンもほとんど知らないレアなエピソードも中にはあるかもしれませんよ。

完璧超人な稲葉浩志!でも実はアレに弱い……

遠くまでをAmazonでチェック!

▶︎遠くまでをAmazonでチェック!

B’zのボーカリストとしての歌唱力やルックスの良さは言わずもがなですが、稲葉さんは横浜国立大学卒業という高学歴であり、教員免許も持っているインテリ。その上、B’zでは松本さんがいるのでほとんど披露しませんが、ギターの演奏も出来ますしピアノも弾けるしマンドリンも弾けるということです。

もはや完璧超人という言葉でしか言い表せないような稲葉さんですが、実は「プレッシャーに弱い」という意外すぎる弱点を持っています。何万人ものオーディエンスを前にあれだけのパフォーマンスが出来てプレッシャーに弱いというのもおかしな話のように思えますが、本人曰く「ライブ前には毎回必ず失敗する悪夢を見る」ということだそうです。更にライブツアー初日は最もプレッシャーを感じるようで「『早く帰りたい、中止にならないか』とずっと思っている」と仰っていますね。そのようなプレッシャーを跳ね除けてのパフォーマンスだと考えると、なんだか少し稲葉さんに対して人間味を感じます。

稲葉浩志の人見知りは度を超えている!

志庵をAmazonでチェック!

▶︎志庵をAmazonでチェック!

最初にも紹介したとおり、元来口数の少ない稲葉さん。テレビに出てもしゃべっているのはほとんど松本さんばかりで、稲葉さんが素の表情を見せることはほとんどありません。稲葉さんが人見知りなのはプライベートでも全く変わらず、むしろテレビで見るよりも悪化しているようですね。

人見知りで口下手なことが行き過ぎた結果、稲葉さんのプライベートでのお友達は非常に少ないようです。休日でもケータイは滅多に鳴らず、たまに友人から電話やメールが来るとテンションが上がるということを本人が仰っています。

また、人見知りなのはB’z結成時から変わっていないようであり、初めて松本さんと会った際にも割と社交的な松本さんに対して、稲葉さんは素っ気ないリアクションしか取れなかったようですね。稲葉さんと松本さんが打ち解けるまでには、引き合わせた周囲のスタッフの想像をはるかに超える時間がかかったようです。

そんな人見知りな稲葉さんですが、教員免許取得時には「金八先生のような教師になりたい」という夢を持っていたようですね。あれだけ普段はしゃべることができないにもかかわらず、教壇でしゃべることの出来るイメージは出来ていたのでしょうか。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:2)

  • 何時もブログも!写メ撮っても毎回楽しく拝見させて頂きありがとうございます。大好きです。*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*稲葉浩志君へ?身体にご自愛を!!

  • この記事見て、「やっぱり稲葉さんのファンで良かったなぁ(´∀`*)」と再確認できました。

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。