さだまさしのヤクルトファン伝説がスゴい!

1973年にデビュー、「北の国から」など国民的なヒット作品を作ってきたシンガーソングライターのさだまさし

2015年、東京ヤクルトスワローズがセ・リーグを14年ぶりに優勝したことで、ヤクルトファンのさだまさしにも注目が集まりました。

ここでは、そんなさださんのヤクルトファン伝説をいくつかご紹介したいと思います。コンサート会場だけではなく、球場で、会えるかもしれませんね。

さだまさしのヤクルトファン伝説:ファンクラブ名誉会員

ヤクルトファンの間でも、さだまさしがヤクルトファンであることは有名です。というのも、出川哲朗や村上春樹とともに、ヤクルトのファンクラブ「スワローズクルー」の名誉会員であるからです。

さだまさしは1980年まで同じく東京に本拠地を構える読売ジャイアンツのファンでした。しかし、ヤクルトの初代オーナーである松園尚巳が、さだと同郷の長崎県出身ということもあり、ヤクルトファンになりました。元選手兼監督の古田敦也とは飲み友達だとか。

3/31(火)、さだは神宮球場で行われたヤクルト対阪神戦では、スワローズクルー名誉会員として、始球式に登場しました。袴も印象的ですが、「日本一」と書かれた白いハチマキ姿!そしてヤクルトはリーグ優勝し、日本一に近づくところまできました。もしかしたら、始球式効果もあったのでしょうか?

さだまさしのヤクルトファン伝説:歌詞に「スワローズのユニフォーム」

古くさい恋の唄ばかり プライス・ダウン・リイシュー盤をAmazonでチェック!

さだまさしが1996年にリリースしたアルバム「古くさい恋の唄ばかり」の1曲目には、「絵画館」という歌が入っています。

絵画館や神宮球場がある明治神宮外苑をテーマにしたバラードで、冒頭になんと「スワローズのユニフォーム」という歌詞が聴こえてきます!

なお、さだは中学のときバイオリン修行のために上京し、神宮球場の目の前にある國學院高校に通っていました。さだまさしはヤクルトファン、國學院出身、そんな背景を頭に入れて聴くと、「絵画館」の世界をさらに味わえるのでは。

▶︎古くさい恋の唄ばかり プライス・ダウン・リイシュー盤をAmazonでチェック!

さだまさしのヤクルトファン伝説:ブログも熱い

2015年の始球式に登場したさだまさし。ヤクルトファンとして14年ぶりのセ・リーグ優勝は本当にうれしかったようです。

自身のブログにも喜びを爆発させていました。

14年前といえば、現在のポストシーズン制度であるクライマックスシリーズがなかった頃です。現在は優勝しても日本シリーズに出られない歯がゆさもブログに書いていました。さだまさしは、クライマックスシリーズ反対派です。優勝したら、そのまま日本シリーズへ、そして日本一へ。気持ちはわかりますね。

なお、始球式で「日本一」と書いたハチマキを巻いて登場したことで、「ちょっと責任を感じてた」とも書いています。

▶︎ さだまさしのブログはこちら

さだまさしのおすすめ記事

ヤクルトファンならではのトークも?さだまさしのコンサートへ

さだまさしトークベストをAmazonでチェック!
▶︎さだまさしトークベストをAmazonでチェック!

ヤクルトファンのさだまさし、9/11(金)から「さだまさし コンサートツアー 2015 風の軌跡」で故郷・長崎をはじめ全国を回っています。12月にはクリスマスディナーショーを行います。チケットキャンプ(チケキャン)ではさだまさしのチケットを取扱中です。素晴らしい歌と面白いトーク、ヤクルトファンならではのトークも聴けるでしょうか?あなたもぜひ楽しい時間を過ごしてください。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

  • 絵画館…名曲です。

    季節は秋、曲の通りにゆっくり歩いて行くと
    昔の自分とすれ違うかも知れません

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。