魅力を分析!BIGMAMAにハマる5つの理由

皆さん最近よく聞く「BIGMAMA(ビッグママ)」というバンドをご存知でしょうか?

BIGMAMAは、金井政人(Vo/Gt)、リアド偉武(Drums)、柿沼広也(Gt/Vo)、安井英人(Bass)、東出真緒(Strings)から成る5人組のバンド。最近このBIGMAMAにハマる人が急増しています。

そこで今回は、初心者さん向けにBIGMAMAの魅力を徹底解説いたします!

BIGMAMA結成から現在まで

BIGMAMA ビッグママ 魅力 バンド 邦楽 ロック 1
(出典:Twitter)

BIGMAMAが結成されたのは2001年。当時のメンバーは4人でした。

その後2006年にメンバー2人が脱退し、翌年に現メンバーである安井英人、東出真緒が加入しました。この後から加わったヴァイオリン担当の東出真緒さんが、BIGMAMAを一回りも二回りも大きくしていったのです。

BIGMAMAが、一風変わったバンドと呼ばれる理由は?

BIGMAMA ビッグママ 魅力 バンド 邦楽 ロック 2
(出典:Twitter)

人気バンドBIGMAMAは、一風変わったロックバンドとして注目されています。

その理由は、東出真緒のヴァイオリンパートです。

一般的なロックバンドはボーカル・ギター・ベース・ドラムが基本ですが、BIGMAMAはヴァイオリンがプラスされています。 他のロックバンドとは違うクラシカルな要素が入っており、そのちょっと変わったテイストにハマること間違いなしです!

BIGMAMAは、激しく楽しめるライブも魅力的!

BIGMAMAといえばライブが激しいことで有名です。

特に、音楽に合わせて観客同士が体をぶつけあう「モッシュ」が他のバンドに比べて多いと言われ、バンド側も観客側もテンション爆上がりな空間を楽しめます。

モッシュの他にも、ダイブや大きなサークルを作って走ったり、とにかく盛りだくさんです。毎回ファンが楽しめるライブとなっています。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。