Fear,and Loathing in Las Vegasのラジオの詳細をチェック!

ポストハードコアバンドとして着実にファン層を広げているFear,and Loathing in Las Vegas。日本のリスナーには馴染みの薄かったジャンルの楽曲を分かりやすく届けており、彼らの演奏をきっかけにポストハードコアというジャンルを知ったという方も多いのではないでしょうか。

そんな「ベガス」が今年の7月から自身初のラジオ番組を担当することになり、ファンを中心に早くも注目を集めています。彼らのラジオは、一体どんな番組なのでしょうか。また、現在行われているライブツアーの詳細についても紹介したいと思います。

ベガスのラジオ番組は地元神戸のFM局!1年限定って本当?

Fear,and Loathing in Las Vegas ラジオ
(出典:公式サイト)

ベガスが初めて担当するラジオ番組は、彼らの地元である神戸のFM局「Kiss FM KOBE」が放送している「MUSIC APPLE 4th season」です。週替わりでアーティストがDJとなるこの番組の第1週分が、“Fear, and Loathing in Las Vegas EDITION”となり、月1回のレギュラー放送となります。

メインDJはギターのSxunですが、他のメンバーも不定期で出演することになっています。番組は1年間の期間限定での放映であり、来年にはアーティストが変わってしまう予定となっていますが、ラジオが好評ならば番組の継続、あるいは別の枠で番組をすることが出来るかもしれませんので、ファンとしてはなんとしても応援したいところですね。

1時間の番組中ではリスナーからのメッセージを多数紹介!

All That We Have NowをAmazonでチェック!

ベガスのラジオ番組「MUSIC APPLE 4th season」は1時間のプログラムであり、毎回リスナーからのメッセージが多数紹介されるということで好評を博しています。番組中で紹介することが出来なかったメッセージもギターのSxunは全て目を通しているということですから、自分の声を直接届けたいリスナーはたとえ紹介されなかったとしても送っておきたいところですね。

また、番組ではベガスの楽曲はもちろん、ベガスに影響を与えた、あるいはベガスが今ハマっているアーティストの楽曲も多数オンエアされています。1時間の間に6曲はオンエアされるので、ベガスのファンならずとも楽しめる内容なのではないでしょうか。

8/4(火)の第2回放送では、早くもベガスの他のメンバーが出演。ギターのTaikiがゲストとして迎えられ、第1回放送以上に数多く寄せられたメッセージを厳選して、終始なごやかなムードでリスナーとの交流を楽しんでいました。

今後もベガスのメンバーはもちろん、他のアーティストのゲスト出演も期待されるので、ぜひ注目を続けておきたいですね。

▶︎All That We Have NowをAmazonでチェック!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。