家入レオさんが担当したドラマ等の主題歌どれだけ知ってる?

数多くのドラマ・アニメの主題歌を担当してきた家入レオさん。

家入さんのファンでなくとも、一度は「いい歌だな」と思われたことがあると思います。

そんな家入さんのドラマ等の主題歌をご紹介していきます。

あの名作ドラマの主題歌も家入レオさんが担当

最初のドラマタイアップ曲は「カエルの王女様」だった家入さん。

あまりにデビュー曲の印象「サブリナ」のイメージが強く、デビュー曲が刺さらなかった一部の方が「えっ「Shine」ってサブリナってやたら繰り返す曲の子が歌ってるの?」と再評価し、ファンになった方も多いそう。

当時、女子高生シンガーというイメージが先行気味だった家入さんの表現力の幅を見せ付けることになった楽曲でもあります。

また、月9の主題歌も二度担当。2013年の秋クールドラマ「海の上の診療所」では「太陽の女神」、2015年の夏クールドラマ「恋仲」では「君がくれた夏」を提供し、話題に。月9というドラマ枠のエースの主題歌を二度も担当することはビックアーティストでもあまりなく、家入さんの月9ドラマとの相性を感じます。

また2014年秋クールのTBSドラマ「Nのために」の「Silly」は、作中でかかるタイミングが神がかっており、非常にドラマとシンクロしていました。ですので、「Silly」を聴くと今でも「Nのために」を見たくなる方が家入レオファン以外にも多くいらっしゃるとか。

湊かなえさんの原作を読みながら「Silly」を聴くという楽しみ方をされている方も多いようです。

家入レオさんのCMソングは耳に残る

ドラマの他、CMソングやイメージソングも多く担当されている家入レオさん。2012年のデビューから今までの間に6本というのは流石の需要です。特に評判がよかったのが「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」。

ご出身が福岡県久留米ということもあり開会式にはテーマソング「勇気のしるし」を歌唱され、話題にもなりました。

また、CMやイメージソングとは違いますが、家入レオさん自ら登場している「JVCヘッドホン 「家入レオ」Class-S 1stプロモーションビデオ SIGNA編」のCMの、その澄んだ声と透明感のある家入さんのビジュアルがベストマッチした良作です。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

  • 家入レオさんの歌泣けるんですよねー。また、結構な数のドラマ主題歌歌ってますよね。いつも画面の外から応援しています。

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。