テレ朝ドリームフェスティバルの歴代アーティストを振り返る

毎年恒例となっているテレビ朝日主催の大型音楽フェス「テレ朝ドリームフェスティバル」今年は11/21(土)から3日間に渡って、豪華アーティストが多数出演する夢のフェスが開催されます。

開催日まであとわずかとなったドリフェス。今年の出演者も豪華ですが、歴代の出演者たちもニューカマーから超大物まで、豪華なだけでなく多彩な顔ぶれとなっています。

今回はそんな過去のドリフェスから最も盛り上がった5組のアーティストの公演を振り返り、今年の予習をしておきましょう。

【テレ朝ドリームフェスティバルを振り返る】2012年のフェスではきゃりーぱみゅぱみゅが躍動!

テレ朝ドリームフェスティバル1
(出典:Twitter)

2012年のドリフェス。1日目のステージにはきゃりーぱみゅぱみゅが登場し、大いに会場を盛り上げてくれました。既に日本のみならず世界中から注目されていた彼女。「PON PON PON」「つけまつける」「ファッションモンスター」といったシングル楽曲はもちろん、ライブでは老若男女楽しめる定番曲「みんなのうた」を披露するなど、有名曲にこだわらないセットリストでコアなファンもうならせるステージとなりました。

もちろんバックダンサーのTEMPURA KIDZも総出演。少ない時間ながらも彼女の世界観である「ポップでグロテスクなキラキラ感」は存分に表現されていました。

きゃりーぱみゅぱみゅ(2012)

  • 1.ぱみゅぱみゅレボリューション
  • 2.きゃりーANAN
  • 3.CANDY CANDY
  • 4.みんなのうた
  • 5.きみに100%
  • 6.ファッションモンスター
  • 7.PON PON PON
  • 8.つけまつける

【テレ朝ドリームフェスティバルを振り返る】音楽玄人もうならせた2012年のサカナクションのステージ!

2012年のドリフェスできゃりーぱみゅぱみゅに負けず劣らず大盛り上がりだったのが、サカナクションのステージです。人気はもちろん、音楽的にもハイスピードで進化を続けていたサカナクションのステージは、まさに「旬」なバンドの勢いを感じることが出来ました。

特に当時リリースされたばかりの新曲「僕と花」を全く違ったアレンジで連続して披露したシーンはまさに圧巻の一言。ライトなファンはもちろん、音楽玄人のオーディエンスにも訴えかけるステージは、彼らの株をさらに上げたものとなりました。

サカナクション(2012年)

  • 1.バッハの旋律を夜に聴いたせいです。
  • 2.アルクアラウンド
  • 3.僕と花
  • 4.僕と花(sakanaction Remix)
  • 5.ネイティブダンサー
  • 6.アイデンティティ
  • 7.ルーキー
  • 8.夜の踊り子

【テレ朝ドリームフェスティバルを振り返る】ドリフェス2014で一際個性を発揮したSEKAI NO OWARI

今や日本の最重要バンドのひとつと言っても過言ではないSEKAI NO OWARIは、昨年のドリフェスに出演してくれました。音楽的にももちろんですが、昨年のセカオワのステージはとにかく演出がド派手だったのが印象的。曲間に火柱、レーザーなどの演出をステージに施し、フェスの主役は自分たちだと言わんばかりの盛り上げようでした。

「Dragon Night」ではもはやお馴染みとなったトランシーバー型マイクも登場。ラストはステージをシャボン玉で埋め尽くして、幻想的な光景のままにステージが終了しました。

SEKAI NO OWARI(2014年)

  • 1. スターライトパレード
  • 2. ファンタジー
  • 3. Love the warz
  • 4. Death Disco
  • 5. 銀河街の悪夢
  • 6. Dragon Night
  • 7. RPG
友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。