「ダリルホール&ジョンオーツ」のメンバープロフィール

3年ぶりの日本公演を行う「ダリル・ホール&ジョン・オーツ

4年の活動休止期間をはさみながらも、1969年から活動し続けるあまりに有名な世界的男性デュオである「ホール&オーツ」

知ってるようで知らない彼らのプロフィールについてご紹介しましょう。

来日前に離婚!?ダリル・ホールのプロフィール

ボーカル、キーボード担当のダリル・ホールさんは、1948年10月11日生まれの現在66歳、ドイツ系アメリカ人

2001年まで、作詞家であるサラ・アレンさんとタッグを組み、名曲を多数生み出し、また私生活でも一緒に暮していました。その後、ホールは2009年にアマンダ・アスピナールさんと結婚するも、なんと今年2015年8月13日に離婚が報じられました。デビュー前の1965年にも一度離婚し、前後しますが、サラ・アレンさんとも籍をいれておりましたので、これでいわゆるバツ3となったホール。

アマンダさんの連れ子である長女マーチさんは「Laughing Down Crying」でも3曲バックボーカルをつとめるなど、関係は良好と思われていましたが、離婚の理由は「修復できない関係」と裁判所の書類には記されているそうで、一体なにがそうなったのか、ニューヨークでも話題になっています。

2005年にはライム病を患うなど健康面での心配もありましたが、その後報道もなく健康状態を維持しているようでファンは安心して大丈夫のようです。

年を重ねてますますカッコいいジョン・オーツのプロフィール

ギター担当のジョン・オーツは1947年4月7日生まれの現在66歳

ダリルの二人目の妻であるサラ・アレンと最初に出会ったのがこのジョン、しかし、若い頃は「金髪で背が高いダリルの方が女性からの関心が集まるのは普通のこと」というような事をいい、女性人気格差について受け入れていたように思えます。

といっても十分カッコイイジョンは、いくつかの恋愛の後、コンサートに来ていたモデル志望の女性ナンシー・ハンターと5年の交際期間を経て結婚します。その後80年代の終わりに離婚し、また90年代には再婚され、現在は家族とコロラド州アスペンで暮していらっしゃいます。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。