ブライアンセッツァー率いるストレイキャッツの踊れる曲ベスト5

ロックンロールの神様として現在も活動中のブライアン・セッツァー。彼が結成したストレイキャッツは1980年代のネオロカビリーバンドというジャンルで人気を博しました。

金髪リーゼントの小顔で整った端正な顔立ちに、日本の女性は彼にぞっこん。そして、その確かなギタープレイとヴォーカルは多くのファンを獲得し、今でも伝説として語り継がれ、彼が来日をする際には往年のファン達が喜びの声を上げるなど、今でも根強い人気を持っています。

シンプルなビートのブルース、ビバップやカントリー・ミュージックなどの要素を取り入れたギター、アップライトのベースは、体に眠るビートを揺さぶります。特にツイストやビバップを踊る人にはたまらないサウンドになっています。そんなストレイキャッツの全曲から、クールに踊れる曲ベスト5を大公開します!

Toronto Strut [12 inch Analog]をAmazonでチェック!

Toronto Strut [12 inch Analog]をAmazonでチェック!

ブライアンセッツァー率いるストレイキャッツのクールに踊れる曲 第5位

ストレイキャッツのクールに踊れる曲第5位はこの曲です!

「Rock This Town(ロックタウンは恋の町)

1stアルバム「涙のラナウェイ・ボーイ」に収録されている、ストレイキャッツの人気曲です。ライブではほぼ確実に披露されるストレイキャッツの定番曲としても知られています。

ファンの間でもこの曲は慣れしたしんだものなので、曲がかかった時点で自然に体を動かせる軽快なソングになっています。数人で体を横に揺らしてツイストをしている姿が目に浮かびますね。 間奏で長めのドラムとギターの演奏があるので、ここで自由に踊っちゃいましょう。

ブライアンセッツァー率いるストレイキャッツの踊れる曲 第4位

ストレイキャッツのクールに踊れる曲第4位はこの曲です!

「Everybody Needs Rock N Roll(ロックンロールに首ったけ)」

1988年に再結成したときにリリースされた「ブラスト・オフ」に収録されている、曲名の知名度が高い曲です。

聞いてもらえるとイメージが湧くと思いますが、映画の主人公が夜のバーに入って物語が始まるといったワンシーンが浮かんでくるような曲です。 繰り返されるフレーズと軽快なギターサウンドがテンションを上げて仲間と一緒に盛り上がろうという気分にしてくれます。

ただ体をゆらして踊るだけでなく、振付をするダンスや舞台でも、バーのシーンなどでも使えるぐらい世界観がスっと入ってくる楽曲です。

ブライアンセッツァー率いるストレイキャッツの踊れる曲 第3位

ストレイキャッツのクールに踊れる曲第3位はこの曲です!

「Runaway boy(涙のラナウェイ・ボーイ)」

1stアルバム「涙のラナウェイ・ボーイ」に収録されている、アルバムの冠名となる曲です。誰もが認めるストレイキャッツの代表曲です。

繰り返されるラナウェイボーイというフレーズのリズムが心地いいのはもちろん、曲全体に響くベースの低音が特徴の楽曲です。やはり、踊りの根源は打楽器のビートや低音が生み出すグルーヴが肝になるので、もはや本能で踊れるようなナンバーです。

そのバンドの代表曲はおさえておくべき一曲でしょう。ノリにノレること間違いないです。

ブライアンセッツァー率いるストレイキャッツの踊れる曲 第2位

ストレイキャッツのクールに踊れる曲第3位はこの曲です!

「Blast Off(ブラスト・オフ)」

アルバム「ブラスト・オフ」に収録されている、アルバムの冠名となる曲です。ギターソロがとてもカッコいいのが特徴です。

とにかく、ソロギターがすごいという一言です。イントロ、フレーズの合間、間奏、どこにでもギターソロが入ってきます。これが絶妙なリズム感を生んでいます。ギターソロの部分で仲間内で激しく踊る姿が目に浮かびます。そして間奏ではどんどんBPMがあがるギターソロが繰り広げられので、テンションも一緒に上がること間違いないでしょう。

ヴォーカルの途中でシャウトする部分やシャウト気味のコーラスも出てくるので、異なった盛り上がりを1曲で作れるでしょう。コレオグラフに使うのもおすすめな楽曲です。

ブライアンセッツァー率いるストレイキャッツの踊れる曲 第1位

ストレイキャッツのクールに踊れる曲第1位はこの曲です!

「 I Fought The Law(アイ・フォート・ザ・ロウ)」

日本企画によるカバーアルバム「オリジナル・クール」に収録されている、耳馴染みな曲です。

この曲は歴史が深く、色々なバンドがカバーをしているので、聞いたことある人も多いメジャーな曲ではないでしょうか?ストレイキャッツの歌うこの曲は、昔懐かしいカントリーな世界観と柔らかいヴォーカルと軽快なギターサウンドが、心地いい楽曲に仕上がっています。口ずさみながら自然に体が動くということを老若男女関係なくできるのがこの曲です。

サウンドやヴォーカルのノリも踊れる曲として重要な要素ですが、全世代が自然に踊りだせるというのがやはり重要で楽しいことなんだなぁということを思い出させてくれる。ずっと伝えていきたい曲です。

ブライアンセッツァーの他のオススメ記事

ストレイキャッツの曲もやるかも!ブライアンセッツァーに会いに行こう

ロカビリー・ライオット:オール・オリジナルをAmazonでチェック!

ロカビリー・ライオット:オール・オリジナルをAmazonでチェック!

ストレイキャッツのクールに踊れる曲ベスト5はいかがでしたか?名曲揃いで5つに選ぶなんてとてもできないって方も、たまたまブライアン・セッツァーやストレイキャッツに興味が出てきた方もぜひ参考にしてみてくださいね。チケットキャンプ(チケキャン)ではブライアン・セッツァーのチケットを取扱い中です。親子や世代を超えた仲間で盛り上がりたいですね。ぜひ見てみてください。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。