横山健の使用ギターが気になる!ヘビロテギターはこの5本

Hi-Standardのメンバーとして一時代を築き、ギタリストとして今もなおカリスマ的な人気を誇る横山健。現在はKen Yokoyamaという名前でのソロ活動がメインになっていますね。

日本にメロコアというジャンルを根づかせた功労者と言っても過言ではない横山健は、鮮やかで見栄えのするギタープレイがハイスタ世代のみならず、現在の現役中高生からも人気を集めています。

そんな横山健は、非常に多くの種類のギターを使い分けているのですが、やはりよく使うギターはかなり限られてきています。今回は横山健がよく使用しているギターを5つ取り上げ、その特徴について見ていきたいと思います

横山健自身のシグネイチャーモデルを自らが愛用!

ESP イーエスピー エレキギター 助六 IGUANA Ken Yokoyama Signature Green BurstをAmazonでチェック!

ESP イーエスピー エレキギター 助六 IGUANA Ken Yokoyama Signature Green BurstをAmazonでチェック!

ESPが横山健のシグネイチャーモデルを作るという企画の中で生まれたブランド「助六」。モデルを作った横山健本人が、その使用感を大変に気に入ってライブでもかなりの頻度でメインギターとして利用しています。

シグネイチャーモデルは4種類ありますが、中でも緑色のフォルムが印象的な「Iguana」は、現在でもライブのメインギターとして使われることが多いモデルです。速い曲の多いKen Yokoyamaのソロ楽曲を忠実に再現するために、助六シリーズで最もスピード感の出せる「Iguana」はライブで重宝されています。

一方、じっくりと作業を行うレコーディングのメインギターとして利用されているのは、チェリーサンバーストのボディが印象的な助六の「Cherry」です。横山健が使っているものは使用して10年とは思えないほどキズや汚れが目立つようで、レコーディングでいかに高い頻度で使われていたかがよく分かります。

横山健はグレッチもギブソンも使う!

Gretsch / G6136T-KF FSR Kenny Falcon Ken Yokoyama 横山健 シグネチュアモデルをAmazonでチェック!

Gretsch / G6136T-KF FSR Kenny Falcon Ken Yokoyama 横山健 シグネチュアモデルをAmazonでチェック!

使用頻度が高いことからどうしてもESPユーザーのイメージが強い横山健ですが、彼はESPの他に、意外にもグレッチを多用しています。実際にグレッチからも横山健のシグネイチャーモデルが販売されています。

グレッチのギターの中でも横山健が好んで使用しているのは、やはり自身のシグネイチャーモデルである「Kenny Falcon」。深い緑色のフォルムが渋く、渋いギターを派手にかき鳴らす横山健のパフォーマンスは見ごたえがあります。

また、横山健はグレッチ以外にギブソンのギターも多用しています。ギブソンで最も多く使われているのが、「Freddy」と呼ばれているギターです。深紅のボディが上品な印象を与えるこのモデルは、レコーディングにもライブにも使用されるオールラウンダーな存在のようです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。