ブライアン・セッツァー来日決定!コラボスカジャンも要チェック

アメリカを代表するロカビリーのギタリスト、ブライアン・セッツァー。その卓越した技術と、金髪のリーゼントを長年に渡って守り続けているスタイルは、国内の枠を超えてここ日本でも根強い人気を誇っています。布袋寅泰Charなど、日本のギタリストの中にも彼に影響され、また彼との共演を果たしているアーティストは多数存在しています。

そんなブライアン・セッツァーが来年2016年に、久々となる来日公演を行うことが先日発表されました。今回は、ブライアン・セッツァーの来日公演詳細に加えて、テーラー東洋がブライアン・セッツァーとコラボして作ったスカジャンについても詳しく見ていこうと思います。

ブライアン・セッツァーの久々の来日公演は充実の8公演!

ブライアン・セッツァーの来日公演は2016年の2月に行われ、東名阪だけでなく全国各地を回るツアー構成となっています。

来日公演は2016年2月11日(木)の札幌・ニトリ文化ホールからスタートし、仙台、広島、福岡、大阪、名古屋と回って2月23日(火)の東京・東京ドームシティホールでの公演で千秋楽を迎えます。全7都市、8公演に渡って行われるツアーは非常に盛りだくさんであり、日本のアーティストとも親交が深く親日家でもあるブライアン・セッツァーも楽しんで回ることが出来るでしょう。

来日公演を行う「ブライアン・セッツァー・ロカビリー・ライオット」とは?

ロカビリー・ライオット:オール・オリジナルをAmazonでチェック!

ところで、ブライアン・セッツァーの来日公演の際にアナウンスされた「ブライアン・セッツァー・ロカビリー・ライオット」とは、一体どんなバンドなのでしょうか。

以前から結成されているビッグバンド形式の「ブライアン・セッツァー・オーケストラ」と違い、今回の来日メンバーはブライアン本人を含めても4人と小ぢんまりした印象です。しかしその分、本来のロカビリージャンルにより近接した演奏が期待出来るので、いつも以上にメンバー各々の演奏が際立って聴きごたえのあるライブが展開されることでしょう。

何よりも、バンドの人数が少ないことでブライアン・セッツァーのギターのテクニックが際立つので、彼のギターを見に来ているオーディエンスにとってはまたとない機会だと言えます。布袋寅泰など国内のミュージシャンをきっかけに彼を知った方々も、ぜひ直接ライブでブライアン・セッツァーのギター演奏を見てみてはいかがでしょうか。

▶︎ロカビリー・ライオット:オール・オリジナルをAmazonでチェック!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。