日本から世界へ!TIMMのイベント詳細とライブ情報をドドンと紹介

今年で12回目の開催を迎えることが決定した「東京国際ミュージックマーケット(TIMM)」。

日本の音楽シーンの今を世界に発信し、世界のミュージックシーンのバイヤーやメディアに売り込みをかけるというコンセプトで開催されているこのイベントは、10月20日(火)から3日間に渡ってホテルグランパシフィックLE DAIBAを中心に開催されます。

ライトな音楽ファンにはそれほど知名度がないTIMMですが、世界への売り込みを目的にしているためにある意味ではどのイベントよりもアーティストが本気で取り組んでいるイベントだと言えますね。今回はそんなTIMMの詳細について、より掘り下げてみたいと思います。

TIMMってどんなイベントなの?

クールジャパンに代表されるように、近年日本のカルチャーは世界中から大きな注目を集めています。日本の音楽シーンももちろんその例に漏れません。最近ではYouTubeにオフィシャルの音楽PVが投稿され、より手軽に海外から日本の音楽にコミットすることが出来るようになりました。

TIMMは、そんな今注目されている日本の音楽シーンから、更に世界に通用するアーティスト、楽曲、そして文化を全世界のバイヤーが買い付け、世界展開をする足掛かりにしようというイベントです。意味合いとしては、イベントというよりも展示会といったものに近く、バイヤーとレコード会社の担当者が本気の交渉を行う場にもなっています。

TIMMでバイヤーや海外メディアから高い評価を得たアーティストは、クールジャパンの代表格として全世界に売り出され、世界中でトップセールスを上げることも夢ではありません。そんな場だからこそ、レコード会社、そしてアーティストは文字通り本気のパフォーマンスを見せてくれるはずなのです。

ライブショーケースはZEPP DiverCity TOKYOで!

そんなTIMMの「展示会会場」となるライブショーケースが、ホテルグランパシフィックLE DAIBAと目と鼻の先にある「ZEPP DiverCity TOKYO」で行われることが決定しました。

ライブには海外のバイヤーや海外メディアはもちろん、一般のオーディエンスももちろん入場可能です。

海外進出を本気で考えているアーティスト、海外で通用するミュージシャンを目指しているアーティストは必死の売り込みを行うために、いつも以上にベストコンディションなステージを見ることが出来るでしょう。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。