台湾の歌姫アーメイって何者?すごいエピソードやオススメ楽曲を一挙紹介

みなさんは、アーメイという歌手をご存知でしょうか。アーメイは台湾で最も有名な歌姫の一人であり、またアジアを中心に世界各国でも人気の高い歌手です。

台湾国内で絶大なる人気を誇る彼女。日本でも2008年ごろから音楽活動を行っており、ライブに行ったことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、アーメイのことを知らないという方のために、彼女のプロフィールやエピソード、そしてオススメ楽曲を一挙に紹介していきたいと思います。

アジアを股にかけて活躍するアーメイのプロフィールとは?

AMIT2 ~ 張惠妹をAmazonでチェック!

AMIT2 ~ 張惠妹をAmazonでチェック!

アーメイは1972年に、台湾原住民のプユマ族として生まれました。本名は張惠妹(チャン・ホェイメイ)であり、1996年の歌手デビューに際して愛称のアーメイを芸名として使用することになりました。

デビューアルバム「姊妹」は、新人ながら台湾のアルバムチャートで9週連続1位を獲得。台湾国内だけで100万枚以上を売り上げるメガヒットとなりました。一躍台湾のスターダムに躍り出た彼女は、翌年のセカンドアルバム「BADBOY」で早くも台湾国内を飛び出して人気を獲得。香港・シンガポール・中国のヒットチャートを席巻し、アジアを代表する歌姫としての地位を確固たるものにしました。

その後も毎年のようにアルバムを発売し、精力的にツアーを行うなどアジア各国で高い人気を維持しているアーメイ。2008年には宮元亜門演出の舞台「トゥーランドット」に出演し、日本進出も果たしました。

アーメイはあの大物俳優と並び称されたことも!

台湾国内では国民的歌手であるアーメイ。その人気は絶大であり、また台湾以外にも特にシンガポール、香港、そして中国では知らない人はいないほどの人気を誇っています。

そんなアーメイは、2002年にあの有名な雑誌「TIME」で、「アジアのヒーロー25人」に世界的スター、ジャッキー・チェンらとともに選ばれました。これを機にアーメイとジャッキー・チェンは現在でも親交があり、ジャッキー・チェンがアーメイのライブにお忍びで訪れたこともあるそうです。

台湾のみならず中国でも人気のあるアーメイですが、中国と台湾の政治的に微妙な関係から時に誤解を受けることもあり、2000年には陳水扁の中華民国総統就任式で中華民国国歌を歌ったことが中国国民から激しいバッシングを受け、予定されていた中国ツアーやCM放映がすべて中止に追い込まれたこともありました。

素晴らしい才能を持った歌手が政治的な問題からこういった扱いを受けるのはなんだか悲しいですね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。