2016年4月来日決定!アイアン・メイデンのメンバーを大紹介

2015/9/4(金)に16作目となる2枚組のアルバム「魂の書~ザ・ブック・オブ・ソウルズ~」を発表した、アイアンメイデン

ロンドンで結成されてからキャリア40年を迎えたメタル界の大御所です。メンバーチェンジを繰り返しつつ、オリジナルメンバーのスティーヴ・ハリスを中心に、世界的に活躍するバンドとして、今でも現役です。

ここでは、アイアン・メイデンの現在のメンバーを一人ずつご紹介します。現在は、ギター3人の合計6人での編成です。

アイアン・メイデン メンバー
(出典:Twitter)

アイアンメイデンのメンバー:スティーヴ・ハリス

リーダーでベース担当のスティーヴ・ハリスは、アイアンメイデンを作ったメンバー、「アイアン・メイデンの父」です。

ハリスは音楽を始める前、異色の経歴を持っています。東ロンドンにあるサッカーの名門クラブ、ウェストハム・ユナイテッドFCの下部組織に所属し、プロ選手のチャンスがあったほどの能力でした。そんなスティーヴ、17歳でベースを手にし、独学で技術を習得。1975年、19歳でアイアン・メイデンを結成しました。将来を嘱望されたサッカー少年が大人になって、世界的なミュージシャンに。

ハリスはアイアン・メイデンの多くの楽曲を作詞・作曲しています。メンバーチェンジの多いアイアン・メイデンですが、ハリスはデビューから現在まで脱退することなく、メンバーでい続けています。

アイアンメイデンのメンバー:ブルース・ディッキンソン

ブルース・ディッキンソンはリーダーのハリスにスカウトされる形で、アイアン・メイデンの2代目ヴォーカルとして1981年に加入しました。途中脱退しましたが、再加入し、メンバーとして名を連ねています

アイアン・メイデンとしては、3作目の「The Number Of The Beast」(魔力の刻印、1982年)から9作目の「Fear Of The Dark」(1992年)、その後脱退しましたが、12作目の「Brave New World」(2000年)から復帰し、現在に至っています。

ディッキンソンは歌手の顔のほかにも、多くの才能を持っています。フェンシングは国内トップクラスの腕前、クリケットはイギリス代表歴もあります。さらに、小説家や映画の脚本家としての顔も。また、航空会社のパイロットとして、フライト時間は7000時間を超えました。アイアン・メイデンのワールドツアーでも、チャーター機を操縦しています。

2015年、舌の裏側に癌性腫瘍が見つかり治療をしていたディッキンソンですが、早期発見し、治療中の経過も良好とのこと。9月に無事アルバムをリリースできました!日本でも元気な姿を見たいですね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。