葉加瀬太郎さんの使用バイオリンがスゴイ!驚きのエピソードも

日本を代表するヴァイオリストの一人、葉加瀬太郎さん。彼にまつわる、高額ヴァイオリンのエピソードは多く聞かれます。

先日、「マルコポロリ」にてそのときの話をされ、気になった方も多いと思います。過去のエピソードも交え、葉加瀬氏の使用バイオリンにまつわるエピソードをご紹介します。

葉加瀬太郎 25th Anniversary アルバム「DELUXE」~Best Duets~通常盤をAmazonでチェック!

▶︎葉加瀬太郎 25th Anniversary アルバム「DELUXE」~Best Duets~通常盤をAmazonでチェック!

葉加瀬太郎さん、音楽番組で使用バイオリンを鑑定

「うたばん(2006/3/23放送)」のコーナー「うたばんお宝鑑定団」では、葉加瀬さんのバイオリンを鑑定したことがあります。

その際、バイオリンが7,000万円、弓が2,000万円とこのコーナーでは史上最高額がつき、MCのお二人は「人が住めるよ」とコメントしていました。

しかしその前年には奥様の高田万由子さんが「ごきげんよう(2005/6/30放送)」にて、7億円のヴァイオリンを葉加瀬さんに買ってあげたいとお話されていました。上には上の価格があります、1億円前後では騒ぎ立てることもないのかもしれません。

その後、「林修先生の今やる!ハイスクール(2013/12/31放送)」ではまた別のヴァイオリンを披露し、”葉加瀬さん「1億円のバイオリンです。本体8千万、弓2千万」”とご紹介。林先生は思わず、”消費税だけで500万”とつぶやかれましたが、知識がない以上、金額についてただただ驚くのも判りますね。

小学6年生で100万円のヴァイオリンを手にしていた葉加瀬太郎さん

「マルコポロリ(2015/5/17放送)」で驚きの楽器遍歴が明らかになりました。

ヴァイオリンというのは、身体に合わせて少しづつ大きく、高価なものを購入していくのですが、葉加瀬さんは小学6年生で大人用のヴァイオリンをご両親に買ってもらいました。

このとき手にしたヴァイオリンがすでに100万円。その前に使っていた練習用のヴァイオリンとは位が違ったのではないでしょうか。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。