来日決定!ジャネットジャクソンのおすすめアルバム&代表曲をご紹介!

類まれなるダンスと魅力的なボーカルが多くの人を惹きつけて止まない天才シンガーのジャネット・ジャクソン

その圧倒的な才能と魅力は日本の多くの著名アーティストにも多大な影響を与えていますよね。女性が憧れるカッコいい女性を常に体現してきたジャネットの進化は今も留まるところを知りませんよね。

そんなジャネットジャクソンが11月にインテックス大阪とさいたまスーパーアリーナの2会場にて3daysの日程で14年ぶりに来日公演を行うことが決定しました!14年ぶりという貴重なこの機会を逃すことはできません。

今回は来日公演前にチェックしておきたいジャネット・ジャクソンのおすすめアルバムと代表曲をピックアップしてご紹介させていただきます。

ジャネットジャクソン
(出典:Twitter)

ジャネットジャクソンのおすすめアルバムその1:「Control」

コントロールをAmazonでチェック!

コントロールをAmazonでチェック!

1986年にリリースされ全世界売り上げ1,400万枚という大ヒットを記録した、ジャネット・ジャクソンの3rdアルバム「Control」。

このアルバムをリリースするまでは「マイケル・ジャクソンの妹」として見られていた面が強く歌手としてはあまり注目されていませんでしたが、このアルバムが全世界で大ヒットし実力派のシンガーとして認められた作品と言っても過言ではありません。シンガーとしてのジャネット・ジャクソンのスタートはここからでした。

全曲通してR&Bポップ寄りで聴きやすく、またジャネットの天才シンガーという立ち位置を確固たるものにした代表作品です。

このアルバムからのおすすめ曲として「When I Think Of You」をご紹介させていただきます。2週連続ビルボード HOT100チャートの1位を獲得した代表曲で、恋人に対してありったけの愛する想いを伝える明るくポップな幸せラブソングとなっています。曲のテンポも軽快で、バウンシーで心の底からの楽しさが伝わってきますよね。

ジャネットジャクソンのおすすめアルバムその2:「Rhythm Nation 1814」

Rhythm Nation 1814をAmazonでチェック!

Rhythm Nation 1814をAmazonでチェック!

1989年にリリースされたジャネットジャクソンの4thアルバム「Janet Jackson’s Rhythm Nation 1814」。全世界売り上げは1,400万枚と「Control」と同じですが、アメリカ国内売り上げはこちらの方が高い数字を記録しました。

Rhythm Nationというタイトルだけあってリズミカルでダンサブルな曲が主体で構成されていて、社会的主張をも取り入れたジャネットの想いが存分に込められた作品に仕上がっています。

当時日本でもヒットした楽曲が多く収録されていますので、当時からファンの皆様は懐かしさを感じるかと思いますが、リリースから25年以上を経た今でもサウンドに斬新さや新鮮味を感じさせてくれるのは流石ジャネットと言ったところでしょうか。

このアルバムからのおすすめ曲として「Escapade」をご紹介させていただきます。最初から最後まで楽しく自然と体が動き出すパーティチューンになっていて「週末はハメをはずして盛り上がろう!」という曲です。とにかくテンションを上げてくれるダンスサウンドにハマりますね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。